Evernote

Evernoteで作る簡単で続く読書ノート 〜「今どきのEvernoteの使いみち」Vol.15 読書ノート〜

さまざまなノート系アプリや情報整理系アプリがある中、Evernoteを10年以上使い続けている私がEvernoteを何にどう使っているか。どういう使いみちに落ち着いたのか。本ブログでは「今どきのEvernoteの使いみち」と題して連載記事を書いています。

その使いみちの一つが「読書ノート」です。

Evernoteで作る読書ノートは、最近、2019年版を以下の記事で公開しましたので、こちらをご覧ください。

12年間「読書ノート」が続いている私のEvernoteを使った読書ノートの作り方【2019年版】 以前の以下の記事のとおり、2019年1月に「メディアマーカー」のサービスが終了するのに伴い、蔵書管理を「ブクログ」に移行しました。 ...

上記の記事ではKindle本を読んだ後の読書ノートづくりについて詳細に書いていますが、紙の本については、以下の記事の方が細かく書いています。

紙の本の読後にEvernoteで読書ノートを作る1番手軽な方法 以前、以下の記事で書いたとおり、10年以上前から読書ノートを作っています。今では、読書ノートは全てEvernoteで作っています。 ...

読書ノートを作るときは、以下の記事で書いたとおり、読後に自分がどういう行動を起こしたいと思ったのか、何を意識しようと思ったのか、という「Action」の視点を意識しています。

10年間「読書ノート」を続けている私がEvernoteの読書ノートの見返しで気づいた大切なこと 前回の記事で書いたように、本の再読はほとんどしません。というか、できていません。 本の再読の習慣はEvernoteの読書ノート...

また、読書ノートを作った後、本の再読は以下の方法で行うとはかどります。

本の再読の習慣はEvernoteの読書ノートと5分ルールで作る読み終えた本を再読することがほとんどありません。 再読する時間があるなら、その分、新しい本を読みたくなるのです。 再読の大切さはわかって...

以上、過去記事の紹介になってしまいましたが、今も基本的にはこれらの記事で紹介した運用をしています。

あと、最近では、Evernoteで読書ノートを作った後、知識系の本であれば、「Scrapbox」にも、読書ノートの一部を保存するようにしています。

Scrapboxは、キーワードをネットワークでつないでくれるので、過去の読書ノートの蓄積がキーワードを起点につながり、知識が重層的になることを期待しているからです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事