たすくま

日記を続ける秘訣は「タスク管理の延長で日記を書く」という考え方を持つこと

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

前回、以下の記事で書いたとおり、日記はタスク管理の延長で書く、というスタンスをもっていると、比較的続けやすいのではないかと思っています。

10年以上日記が続いている私が断言する「Evernote」「Taskuma(たすくま)」「CalEver (NotesViewer)」を使えば誰でも継続的に日記が書ける 2005年から日記を書いています。そのときは紙の手帳に書いていましたが、2010年からは、毎日、iPhoneで書くように...

タスクを実行したときに、感じたことや考えたことなどをタスクを管理している手帳やアプリにメモしておくのです。

ただ、たくさんメモしようとすると続きませんので、ほんのちょっとのメモでいい、としておきます。

また、タスクの実行の都度、必ずメモすると思わなくてもよしとします。そうしないと重荷になって続きません。

仮に全くメモしなくても、タスク管理をしていれば、最低限、タスクを実行したログが残りますので、それが行動記録としての日記になります。

そこに、感じたことが少しでも添えられていれば、行動ログに加え、自分の心のログになり、見返したときによりおもしろい日記になると思います。

手帳などのアナログでも、スマホのアプリでも何でもいいのですが、タスク管理をし、その実行ログやそのときのメモを日記とするという考え方をもっておくと日記が続くのではないか、と思います。

それが私にとっては、以下の記事で書いたとおり、iPhoneアプリのTaskuma(たすくま)でタスクを管理しつつ、Taskuma(たすくま)に感じたことなどをメモし、最終的にはEvernoteに送って日記としているのです。

Taskuma --TaskChute for iPhone

3,600円
(2018.04.11時点)
posted with ポチレバ

10年以上日記を続けてきた中で、この方法が一番楽に日記を続ける方法だと実感しています。

10年以上日記が続いている私が断言する「Evernote」「Taskuma(たすくま)」「CalEver (NotesViewer)」を使えば誰でも継続的に日記が書ける 2005年から日記を書いています。そのときは紙の手帳に書いていましたが、2010年からは、毎日、iPhoneで書くように...
たすくまとEvernoteを使った「"行動"と"心の動き"」日記前回の記事で書いたとおり、Evernoteには2005年11月からの日記が保存されています。 Evernoteで日記を6年以上書いて思...

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事