たすくま

iPhoneタスク管理アプリ「Taskuma(たすくま)」でフリーライティングを始めてみる

「フリーライティング」の明確な定義があるかは知りませんが、WorkFlowyを使い始めた頃、自分の頭に浮かんだことをとにかくWorkFlowyに書き連ねるという「フリーライティング」の真似事をしていました。

先日読んだ以下の本に「フリーライティング」が言及されていて、そういえば、最近、フリーライティングをしていないな、と気づきました。

正直、フリーライティングの効用は、まだ実感できていないのですが、本書を読んで、再び、実験的にフリーライティングの真似事をしてみようと思い立ちました。

というのは、今、習慣になっていることを発展的に活用できそうだったからです。

それは、何かというと、以下の拙著でも紹介しましたが、「Taskuma(たすくま)」で、朝昼晩、そのときの気分を書くというリピートタスクを設定していて、3年近く続いているため、それが習慣になっているのですが、毎回、書く分量は、一言二言程度でした。

それを発展的にフリーライティングの機会にしようと思ったのです。

たすくまで見積時間を2分くらいに設定し、2分間、頭の中にあるものを吐き出すように、タスクのメモ欄に書き出すのです。

たすくまは、見積時間が過ぎると通知してくれますので、制限時間まで気にせず書き続けることができます。

書く、ということだけを考えれば、WorkFlowyの方が書きやすい気もしますが、これまで、たすくまに、朝昼晩の気分を書くというタスクが習慣になっていましたので、それを考えれば、たすくまの方が取り組みやすいかもしれません。

しばらく、試行的にたすくまでのフリーライティングを実行してみようと思います。

Taskuma --TaskChute for iPhone
Taskuma –TaskChute for iPhone
開発元:Sayaka Tomi
¥3,680
posted withアプリーチ

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事