その他アプリ

iPhoneの写真アプリの「共有アルバム」が真っ暗になった場合の対処法【ほぼ解決】

先日、iPhoneの写真アプリの共有アルバムの写真が真っ暗になってしまいました。

▶︎▶︎参考iPhoneの写真をiCloudの共有アルバムで共有する – Apple サポート

一部の共有アルバムは写真が表示されているのですが、大半の共有アルバムには写真が表示されていません。

ただ、なぜか、iPadとMacの写真アプリの共有アルバムでは、ちゃんと表示されています。iPhoneの写真アプリの共有アルバムだけの症状です。

共有アルバムは、iCloud上に写真が保存されているはずなので(しかもiCloudの容量にカウントされない)、iPhoneだけ表示されないというのはおかしな現象だと思います。

ネットで調べても同じような症状は出てきません。

さて、どうしたものか。

原因はよくわからなかったのですが、単純な方法でほぼ解決しました。

iPhoneの共有アルバムで真っ暗になっているアルバムに新たに画像を追加してみました。追加といっても、画像を選択してから追加するのではなく、共有アルバムを開き、「+」をタップしてから写真を選ぶという方法で追加するのです。すると、しばらく待った後、徐々に画像が表示され始めたのです。

最終的には、大半の共有アルバムが、元のように画像が表示されました。

ただ、一部の共有アルバム、1つのアルバムに結構な量の画像があるアルバム(2,000〜3,000くらいの画像)は、いまだに、真っ暗のままなので、完全に解決とは言い切れないところが辛いところですが。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事