たすくま

iPadやMacで作業中に新規タスクを「Taskuma(たすくま)」に登録したくなったときは?

iPhoneのタスク管理アプリ「Taskuma(たすくま)」は、iPhone版のアプリしかありません。

Taskuma --TaskChute for iPhone
Taskuma –TaskChute for iPhone
開発元:Sayaka Tomi
¥3,680
posted withアプリーチ

よって、MacやiPadで作業をしているとき、新規のタスクが頭に浮かんでも、そのままMacやiPadでTaskuma(たすくま)に登録することはできません。

そういう場合、どうするか。

もちろん、iPhoneを取り出して登録すればよいだけの話かもしれません。

ただ、MacやiPadでキーボードを叩いているとき、わざわざiPhoneでたすくまを起動させて登録するという気にはなりません。キーボードでの文章入力が順調で気分が乗っているときはなおさらです。

そんなとき、私は「Drafts」を使っています。

Draftsは、Mac、iPad、iPhoneなどで同期するメモアプリです。

Drafts
Drafts
開発元:Agile Tortoise
無料
posted withアプリーチ

MacやiPadでDraftsを起動させて、たすくまに新規登録したいタスクを入力しています。

そして、MacやiPadでの作業を終えたあと、iPhoneを手にしたとき、Draftsからたすくまに先ほど入力した内容を新規タスクとして登録しています。

登録は、以前の以下の記事のとおり、Draftsでボタンを1つ押せば、簡単にたすくまに登録できるので便利です。

iPhoneのタスク管理アプリ「Taskuma(たすくま)」への入力は「Drafts」を使うと超便利になる前回の記事で私は期限のないタスクも「Taskuma(たすくま)」で管理していると紹介しました。Taskumaにタスクを登録する場合は必ず...

MacやiPadで作業をしていたらDraftsにメモしたこと自体を忘れるのではないか、という懸念があるかもしれません。

しかし、そんな心配はいりません。

Draftsは、inboxにあるメモの数をバッジで表示してくれますので忘れることはありません。

(設定画面で Badge>Show inbox count をオン)

1つ注意点があります。

たすくまに登録したいタスクは、Draftsの1ノートにつき1件にする必要があります。

ちなみに、たすくまに新規タスクを登録したいときだけではなく、たすくまに長文のメモを書きたいときもこの方法を使っています。

以前は、以下の記事で紹介したとおり、MacのEvernoteのクイックノートとユニバーサルクリップを使っていましたが、Draftsであれば、MacだけでなくiPadでも使えるので便利です。

「たすくま(Taskuma)」に長文を書くときはEvernoteのクイックノートとユニバーサルクリップボードを使うと便利タスク管理アプリ「たすくま(taskuma)」はiPhone版しかありません。 ブログの記事の8、9割をiPhoneで書いている私が言う...

また、もしApple Watchをお持ちであれば、MacやiPadのDraftsではなく、Apple Watchのたすくまで新規タスクを登録するという方法もあります。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事