知的生産

「Ulysses」でKDP出版する場合の使い方

先日、KDPで『Apple Watchで何ができるか 〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版しましたが、原稿の作成にiOSとMacアプリの「Ulysses」を使いました。本記事では、どのようにKDPの原稿を「Ulysses」で作成したかを紹介します。効率的な方法かはわかりませんが、あくまで私が出版したときの使い方です。

なお、画像はMacのUlyssesのものですがiOSアプリも基本的には同じです。

Ulysses
Ulysses
開発元:Ulysses GmbH & Co. KG
無料
posted withアプリーチ
※Amazonのレビューでは画像が表示されないというコメントをいただいていますが、すでに改善されています。

1 目次(階層)を作る

本のテーマが決まったら、書きたい内容を書き出して、本のアウトラインを固めます。

この作業には、アウトライナーの「Dynalist」を使いました。

とにかく書きたい内容のキーワードやセンテンスの断片を「Dynalist」に書き出します。その後、グルーピングしながら、本の内容の構成、すなわち目次を作りました。ただ、目次といっても、あくまでこの時点の目次であり、今後、大いに変更があり得る仮目次です。

この仮目次に沿って、「Ulysses」で「新規グループ」を作っていきます。

「Ulysses」は、グループの階層化や並び替えが簡単にできますので、目次をグループで作るのは便利です。

以下が、『Apple Watchで何ができるか 〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を書いたときの、「Ulysses」での目次です。(最終的な目次です。)

左側のグループの一覧が「章」であり、右側のシートの一覧が章の下の「項」にあたります。

目次

2 シートで原稿を作成する

前項で作ったシートに原稿の下書きを書いていきます。

私は、KDPの出版データを作るとき「でんでんコンバーター 」を使うため、原稿は「でんでんマークダウン」を使って書いています。

よく使う「でんでんマークダウン」は、以下の3つです。

  • 見出し「##」
  • 改ページ「===」
  • 強調「**」で囲む
 

これらは別に「Ulysses」だけではなく他のエディタを使う場合も同じです。

「Ulysses」特有のものは、リンクと画像の扱いです。

リンクは、「Ulysses」の挿入の機能の「リンク」を使えばオッケーです。

画像は、2通りの方法があります。

1つは、「Ulysses」で「ソースブロック」を使う方法です。ソースブロックを挿入し、そこにでんでんマークダウンの画像挿入の記号である「![代替テキスト](picture1.jpg)」を書きます。(picture1は画像のファイル名)

もう1つは「Ulysses」の画像挿入の機能を使う方法です。

画像挿入から「イメージ」を選び「ファイル」から該当の画像を選び、「キャプション」に代替テキストを入力します。

画像1 画像2

すると、前述のソースブロックを使った方法と同じように「Ulysses」に入力され、さらに「Ulysses」上、画像が表示されます。

原稿を書き上げたら何度も推敲します。

推敲には「Ulysses」の「キーワード」の機能が便利です。

私は、推敲が終わるたびに「推敲済①」「推敲済②」といったキーワードをつけて推敲の回数がわかるようにしたり、「要推敲」というキーワードをつけて、どのシートの推敲が必要かをわかるようにしていました。キーワードはカラー分けできるので目につきやすい工夫もできます。

キーワード

3 出力は「Markdown」を選ぶ

原稿が完成したら「Ulysses」からKDP出版に必要なデータに出力しなければいけません。

私はKDP出版するときの原稿はテキスト形式にしていますので、テキスト形式での出力を説明します。

原稿の一番上の階層のグループで右クリックをし「クイック書き出し」をクリックします。

出力1

「Markdown」を選択し「プレビュー」をクリックします。

「Ulysses」の出力には「テキスト」形式もありますが、テキストを選んでしまうと、でんでんマークダウンの記号が消えてしまいますので「Markdown」で出力します。

出力2

出力された内容をファイルに保存すると「Markdown形式」のファイルになってしまうため、ここでは保存せず、出力のプレビュー画面で表示された内容を全選択しコピーします。「テキストエディット」を起動しコピーした内容をペーストして保存しテキスト形式の原稿ファイルを作ります。

これで原稿ファイルのできあがりです。

4 でんでんコンバータで変換する

前項で作ったテキスト形式の原稿と、文中の画像ファイル、表紙の画像を準備したらでんでんコンバータでepubファイルを作り、それをもとに「Kindle Previewer 」で出稿に必要なmobiファイルを作れば必要な作業は完了です。あとはKDPのページから出稿するだけです。

これらの作業の詳細は、以前、以下の記事で紹介しましたので参照してください。

ブログ記事を元原稿にした「はじめてのKDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)」の手順を大公開【前編】前回の記事で紹介したとおり、先日、KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング )で電子書籍を出版しました。 http...
ブログ記事を元原稿にした「はじめてのKDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)」の手順を大公開【後編】前回の記事(前編)では、以下の内容をご紹介しました。 https://teineini.net/20181031-kdp-1/?p=5...

5 おわりに

これまでKDPで3冊出版しました。

 

1冊目はアウトライナーの「WorkFlowy」で原稿の下書きから推敲を行い、2冊目は「WorkFlowy」で下書き、「Scrivener」で推敲から出力、3冊目は本記事のとおりです。

KDPで出版するために最低限覚えておきたい「Scrivener」の使い方(まとめ)【PC版・iOS版】私は、これまで、KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)で2冊電子書籍を出版しましたが、2冊目の『モブログの極意...

それぞれ一長一短ありますが、今のところ、この「Ulysses」を使った方法が効率的で快適だと思っています。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事