WorkFlowy

iPadOSにおける「WorkFlowy」と「Dynalist」の挙動 〜ショートカットキーとメニュー表示〜

2019年9月にiPadOSがリリースされると聞いたとき、一番期待したのが、アウトライナーの「WorkFlowy」と「Dynalist」がパソコン並みに使えるようになるのではないか、ということでした。

WorkFlowy: Note, List, Outline

WorkFlowy: Note, List, Outline
開発元:FunRoutine INC
無料
posted withアプリーチ
Dynalist

Dynalist
開発元:Dynalist Inc.
無料
posted withアプリーチ

特に、外付けキーボードによるショートカットキーと、エクスポートなどのメニューをパソコンと同じように使いたいと思いました。

本記事では実際にiPadOSで「WorkFlowy」と「Dynalist」を使った結果、ショートカットキーとメニューの状況についてまとめました。

1 WorkFlowy

iPad OSで「WorkFlowy」を外付けキーボードで使った場合のショートカットキー(私がよく使うもの)の状況を表にまとめました。

Web版(Safari)とアプリ版で「WorkFlowy」を使った場合の結果です。

Web版の「WorkFlowy」のショートカットキーは、パソコンと遜色ありません。

アプリ版の「WorkFlowy」は、なぜかズームアウトのショートカットキーが機能しません。

また、パソコンでは、バレットにカーソルを持っていくとメニューが表示されますが、Web版のWorkFlowyでは、表示自体はされますが、エクスポートの画面がコピーしづらいなど挙動がおかしくパソコンより使いにいくです。ただ、各メニューは問題なく使えそうです。

アプリ版の「WorkFlowy」では、メニューの表示はできません。

あと、パソコンの「WorkFlowy」は階層をまたいでトピックを選択しコピーでき、他のアプリにペーストできますが、iPadOSのWeb版の「WorkFlowy」もパソコンと同様にコピペできます。

ただ、アプリ版の「WorkFlowy」では、階層をまたいでトピックの選択はできますが、コピー自体はできません。

2 Dynalist

iPad OSで「Dynalist」を外付けキーボードで使った場合のショートカットキー(私がよく使うもの)の対応状況を表にまとめました。

Web版(Safari)とアプリ版で「Dynalist」を使った場合の結果です。

「Dynalist」では、「WorkFlowy」と違い、Web版とアプリ版ともに開閉(展開・たたむ)のショートカットキーが機能しません。

また、メニューの表示は、Web版ではパソコンと同様に表示されます。各メニューは問題なく機能しそうです。

あと、「WorkFlowy」と同様に、Web版の「Dynalist」は階層をまたいでトピックを選択しコピーでき、他のアプリにペーストできます。

ただ、アプリ版の「Dynalist」では、階層をまたいでトピックの選択はできますが、コピー自体はできません。

3 おわりに

iPad OSになってからは、「WorkFlowy」も「Dynalist」も矢印キーで階層をまたいでカーソルを動かすことができるようになりました。

さらに、本記事で紹介したとおり、ショートカットキーがパソコン並みに使えるようになりました。これだけでも、かなり便利になりました。

また、メニューを表示できるようになり、パソコンのようにエクスポートできるようになったことは、iPadでの使い勝手がかなり上がったように思います。

iPad OSは、まだパソコンを代替するとは思いませんが、「WorkFlowy」と「Dynalist」に関しては、iPad OSになってからは、iPadでもパソコンと遜色なく使えるようになったと思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事