メモアプリ

Apple純正メモアプリでWebページの全文を画像も含めてキレイに保存する方法

このブログ「いつもていねいに」を書いている 小田やかた です。
プロフィール @ottaka18

WebページをPDFにして素早くApple純正メモアプリに保存する方法を紹介します。

SafariでWebページを開き「共有」からApple純正メモアプリを選択すると、サムネイル付きのリンクが保存されます。

オシャレな感じで保存され、これはこれでよいのですが、あくまでリンクなので、Webページ自体がなくなってしまうとアクセスできなくなります

そう考えると、何度も見返したいページは、全文を保存したくなります。

そこで、拙著『メモアプリの小技50』では、Webページの全文をクリップする方法を紹介しました。(第3章「捻りの小技」「5 Webページの全文をクリップする」)

この方法はテキストベースで保存されます。

ただ、画像も保存し、Webページのレイアウトそのままを保存したいときもありますよね。

そんなとき、私はWebページをPDFにして保存しています。

当初、PDFにしたWebページをファイルアプリに保存して、そこからApple純正メモアプリに保存していましたが、手数が多くて、面倒なんですよね。

小田やかた
小田やかた
そこで、効率的に素早く保存する方法を考えましたので紹介します。

ちなみに、私は、買ったモノはApple純正メモアプリで管理しているので、何か買ったら必ずこの方法で保存しています。

では、いきましょう。iPhoneで説明しますが、iPadも同様です。

まず、該当のWebページを開きます。私は、元ページのURLも保存しておきたいので、共有ボタンをタップしてメモアプリを選び(画像左)、メモアプリでタイトルを入力し保存先のフォルダを選択します。(画像右)

元ページのURLが不要なら、この作業は飛ばしていただいても構いません。

次に、該当のWebページのスクリーンショットを撮ります。(画像左)そのとき左下に表示されるサムネイルをタップします。

そして、「フルページ」をタップした後、右上の共有ボタンをタップします。(画像右)

スクリーンショットは、Face IDを搭載したiPhoneの場合は、サイドボタンと音量を上げるボタンを同時に押します。 ホームボタンを搭載したiPhoneの場合は、ホームボタンとサイドボタンを同時に押します。

ここでApple純正メモアプリのアイコンが表示されればよいのですが、表示されないため、新たにショートカットを作りました。(後述)そのショートカット「メモに追加(Web Clip用)」をタップします。(画像左)

冒頭で元ページのURLを保存しなかった場合はショートカットの「メモを作成(Web Clip用」(後述)を選択する必要があります。)

すると、どのメモに追記するか聞かれるので、冒頭で作ったメモのタイトルを選ぶと、Apple純正メモアプリにPDFとして保存されます。Apple純正メモアプリは、PDFをファイルのアイコンではなく、中身を表示してくれるので便利です。(上記の画像右)

冒頭で元ページのURLを保存していない場合は、ショートカット「メモを作成(Web Clip用)」をタップしていると思いますが、その場合はフォルダを選択する画面になるため、保存したいフォルダを選択します。

前述のショートカットの内容は、以下のとおりです。ショートカットアプリで以下のとおり作成してください。自動で登録できるリンクも貼っておきます。

メモに追加(Web Clip用)

メモを作成(Web Clip用)

Apple純正メモアプリは、どんどん進化していて便利なアプリです。使っていない方は、ぜひ、一度、使ってみてください。拙著が参考になるかもしれません。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
Avatar photo
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事