その他アプリ

Apple純正のメモアプリでもEvernoteのノートリンクと同じ機能が使える

Evernoteの「ノートリンク」は、ノート間を移動できる便利な機能です。

▶︎▶︎参考
内部ノートリンクを作成する – Evernote ヘルプ&参考情報

この「ノートリンク」は他のメモアプリにはないEvernote特有の機能だと思っていたのですが、最近、Apple純正のメモアプリにも似たような機能があることを知りました。

本記事ではその機能を紹介します。

まず、メモアプリを起動します。

リンクで開きたいノートを表示させ、以下の画像(左)とおり、右上のメニューボタンをタップします。画像(右)のとおり、表示されたメニューから「メモを共有」をタップします。

すると、以下の画像(左)の画面になりますので、ノートをリンクで開くURLを表示させるためのアプリを選びます。これは一時的に表示させるだけですので何を選んでもいいのですが、ここではDraftsを選ぶことにします。そのあと、画像(右)の画面になりますので、「宛先」には何も入力せず、右上の「続ける」をタップします。

画像(左)のとおり、先ほど選んだDraftsが自動的に起動し、ノートをリンクで開くためのURLが入力されていますのでこれをコピーします。あとは、このURLをどこかにペーストして、それをタップすればリンク先のノートを開くことができます。以下の画像(右)は、メモアプリにURLをペーストしたところです。これをタップすればリンク先のノートを表示させることができます。

このようにEvernoteのノートリンクとほぼ同じ機能です。

ただ、Evernoteの場合、URLの表記ではなく、ハイパーリンクの文字で表示させることができますが、メモアプリの場合は、URL表記になります。

さて、このノートをリンクさせる機能は、ノートだけではありません。

フォルダを開くURLを取得することもできます。

ちなみに、Evernoteにはノートブックを開くURLを取得する機能はありません。

方法はノートの場合と同じです。

以下の画像(左)のとおり、リンクで開きたいフォルダをを表示させ、右上のメニューをタップします。画像(右)のとおり、表示されたメニューから「フォルダを共有」をタップします。

画像(左)の画面が表示されたら「共有」をタップします。

すると、先ほどと同じような画像(右)の画面になりますので、先ほどと同様、URLを出力させたいアプリを選びます。以降の操作は先ほどのノートとまったく同じです。

メモアプリでもEvernoteのノートリンクを使えたらなと思っていた方は、ぜひ試してみてください。

▶︎▶︎参考
内部ノートリンクを作成する – Evernote ヘルプ&参考情報

この「ノートリンク」は他のメモアプリにはないEvernote特有の機能だと思っていたのですが、最近、Apple純正のメモアプリにも似たような機能があることを知りました。

本記事ではその機能を紹介します。

まず、メモアプリを起動します。

リンクで開きたいノートを表示させ、以下の画像(左)とおり、右上のメニューボタンをタップします。画像(右)のとおり、表示されたメニューから「メモを共有」をタップします。

すると、以下の画像(左)の画面になりますので、ノートをリンクで開くURLを表示させるためのアプリを選びます。これは一時的に表示させるだけですので何を選んでもいいのですが、ここではDraftsを選ぶことにします。そのあと、画像(右)の画面になりますので、「宛先」には何も入力せず、右上の「続ける」をタップします。

画像(左)のとおり、先ほど選んだDraftsが自動的に起動し、ノートをリンクで開くためのURLが入力されていますのでこれをコピーします。あとは、このURLをどこかにペーストして、それをタップすればリンク先のノートを開くことができます。以下の画像(右)は、メモアプリにURLをペーストしたところです。これをタップすればリンク先のノートを表示させることができます。

このようにEvernoteのノートリンクとほぼ同じ機能です。

ただ、Evernoteの場合、URLの表記ではなく、ハイパーリンクの文字で表示させることができますが、メモアプリの場合は、URL表記になります。

さて、このノートをリンクさせる機能は、ノートだけではありません。

フォルダを開くURLを取得することもできます。

ちなみに、Evernoteにはノートブックを開くURLを取得する機能はありません。

方法はノートの場合と同じです。

以下の画像(左)のとおり、リンクで開きたいフォルダをを表示させ、右上のメニューをタップします。画像(右)のとおり、表示されたメニューから「フォルダを共有」をタップします。

画像(左)の画面が表示されたら「共有」をタップします。

すると、先ほどと同じような画像(右)の画面になりますので、先ほどと同様、URLを出力させたいアプリを選びます。以降の操作は先ほどのノートとまったく同じです。

メモアプリでもEvernoteのノートリンクを使えたらなと思っていた方は、ぜひ試してみてください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事