Evernote

10年以上使い続けたEvernoteからApple純正メモアプリに乗り換えた理由

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

10年以上、Evernoteの有料プランを愛用してきましたが、最近、メインのノートアプリをApple純正のメモアプリに乗り換えました。

長年、Evernoteを愛用してきた私にとっては大きな決断です。

  • Evernoteユーザーの方にとっては、他のノートアプリへの乗り換えは、けっこう気になるのではないでしょうか?
  • 長年のEvernoteユーザーほど、乗り換えを決断できない、悩ましい問題ではないでしょうか?

本記事では、そんな方の少しでも参考になればと思い、私が乗り換えた理由を紹介します。

小田やかた
小田やかた
後述しますが、完全にEvernoteの利用をやめたわけではありません。メインのノートアプリをApple純正メモにした、すなわち両者のアプリの役割分担の比重を変えたのです。こういった併用であれば、長年のEvernote愛用者でもとっつきやすいのではないでしょうか。

1 メインのノートアプリをEvernoteからメモアプリに乗り換えた理由

なぜ、メインのノートアプリを10年以上も使っていたEvernoteからApple純正メモアプリに替えたのか?

その一番の理由は、

ノートを見たいときに見れないストレス

です。

これに尽きます。

あとは、「メモアプリの進化」と「純正アプリの安心感」も後押しした感じですね。

(1)見たいときに見れないストレス

a 動きの遅さ

Evernoteは、特にiPhoneアプリですが、ひと昔前に比べると、動きは速くなってきてはいました。

「えー、ウソでしょ」

と思ったかもしれませんが、かなり以前はもっとひどいものでした。

決して、今のスピードに満足しているわけではありませんが、少しは改善してきている。今後も、少しずつ改善されてくるのではないか。

そんな期待をもってメインのノートアプリとして使い続けてきました。

ただ、見たいノートが見たいときに見れない。

出先でメモの内容をすぐに確認したいとき、iPhoneの Evernoteを立ち上げたら、この表示がしばらく続く始末。

「早くメモを確認したいのにぃ!」とストレスが溜まります。

後で見返すためにメモをとっているのに、これでは意味がありません。

しかも、これが頻繁に起きる。

一気にEvernoteを使う気が失せてきました。

b 同期の遅さ

そして、もう1つ困ったことが。

同期の遅さです。

私は、Evernoteは、ほとんどiPhoneで毎日使っているのですが、週に2、3回、iPadで使っています。料理のレシピを確認するためです。

iPhoneのEvernoteは、毎日使っているので、なんだかんだいって、同期で待たされることはないのですが、たまに使うiPadでEvernoteを開いたときは最悪です。

同期が遅い。

しかもバックグラウンドで同期するわけではないため、見たいノートが見れない。

前述の画像が表示され、他の操作ができなくなることがある。

小田やかた
小田やかた
こうなると、一気に料理をする気がなくなるんですよね。

もちろんiPadの性能にもよるのでしょうが、まだ、1世代前のものです。

c ノートが見れないときがあるノートアプリ

この2つを考えると、これは、もう単純な話、

Evernoteでは、ノートを見たいときに見れないことがある

というノートアプリの根幹に関わることへの信頼がなくなってきている、ということです。

タスク管理の機能があるとか、フォルダとタグで管理できるとか、検索能力が強力とか、そういった機能以前の問題です。

だって、ノートの中身を確認したいときに、すぐに確認できないことがあるんですから。

小田やかた
小田やかた
とくに、重要なメモを出先で確認したいときに確認できなかったり、しばらく待たされる、ということが頻繁に起こると、信頼できなくなるんですよね。

メモをとる、という点では、FastEverなどの他のアプリを使えば問題ありませんが、ノートを見る、という点においては、他のアプリでは解決できません。

以前は、SmartEverなど、爆速で見れる閲覧アプリもありましたが、今はありません。

というか、そこは他のアプリではなく、Evernote自体で解決してほしい問題です。

ということで、EvernoteからApple純正メモアプリに乗り換えを決意したのです。

いや、決意というより、やむにやまれず、ですね。出先でノートを見れないことがあるとなると、後で見返す可能性のあるメモをEvernoteに保存するのが不安になります。

d Apple純正メモアプリでストレス軽減

Apple純正メモアプリは、起動、挙動、同期、すべてにおいてストレスを感じさせない速さです。

たまに使うiPadでもまったくストレスを感じさせません。

以前、以下の記事で紹介したとおり、Evernoteからメモアプリに1,500ほどのノートを移して試行したことがありました。そのときは、一気にデータを移したことがいけなかったのか、同期の安定性を欠きました。

Evernoteからメモアプリへの乗り換えを試行した結果 〜実際に1,500のノートをメモアプリに移して1ヶ月使ってみた〜 2020年秋のEvernoteのメジャーアップデート後、以前の以下の記事で書いたとおり、起動の遅さに耐えかねて、Apple純正のメモア...

でも、データを一気に移さず、普通に使う分には、同期の安定性は非常に高いです。

メインのノートアプリをEvernoteからApple純正メモアプリに移行して2ヶ月ほどたちますが、まったく問題なく運用できています。

e Evernoteとの使い分け

Apple純正メモアプリに乗り換えた私ですが、Evernoteが大好きなアプリであることは変わりません。

以前、記事にしたように評価しています。

Evernote歴9年の私がEvernoteを再評価 〜改めて思うEvernoteの便利なところ10選〜2010年からEvernoteを使っています。ずっと有料プランです。 使い始めた頃は、類似のサービスがなかったこともあり、あらゆる...

ただ、見たいときにノートを見れない、という実用的に耐えれず、メインのノートアプリとしては使えない、という判断をしたのです。

よって、Evernoteの利用をやめたわけではありません。

Apple純正メモアプリをメインとし、Evernoteの長所に目を向けた使い分けをしようと考えたのです。

その使い分けは次回の記事で紹介します。

(2)メモアプリの進化

メインのノートアプリをApple純正メモアプリに乗り換えた一番大きな理由は、今、見てきたとおりです。

さらに、乗り換えの後押しとなった理由が2つあります。

1つは、Apple純正メモアプリの驚くべき進化です。

「Appleのメモアプリはシンプルで簡易なアプリなんでしょ」

「Appleのメモアプリって機能があまりなくて使いにくいんでしょ!」

というのは昔の話です。

今では、Evernoteをはじめ、他のノートアプリに引けを取らないほど多機能です。Appleユーザーなら「使わなきゃ損!」と言えるくらい使い勝手は抜群です。とくに複数のApple端末を持っているならなおさらです。

iOS15/iPadOS15からは、タグが使えます。

さらにiPadでは「クイックメモ」や「スクリブルが日本語対応」という驚くほど便利な機能があります。

Apple純正メモアプリはタグが使えるようになる!〜iOS 15/iPadOS 15 アップデートで実装される機能〜 近々、アップデートされるiOS 15/iPadOS 15では、Apple純正のメモアプリにタグの機能が追加されるようです。 タ...

着実に進化を遂げてきたApple純正メモアプリ。

この先も期待できそうです。

そして、もう1つの理由が、「この先」を考えてのことです。

(3)純正アプリの安心感

アプリ自体の継続性を考えると、ここで乗り換えておいた方がいいのではないか、と思いました。

というのは、2021年6月、Googleフォトが実質無料から有料になったことは、私の中で、今後、アプリを使っていく上で示唆深い大きな出来事でした。

Evernoteは、ずっと有料プランを使っていますが、今後、急激に値上げがないとは言い切れません。サービス自体もどうなるかはわかりません。

それに比べれば、Appleの純正アプリは、安心です。

メモは、蓄積していくデータだけに、あまりメモ(ノート)アプリの乗り換えはしたくありません。データの移行が大変です。

そう考えたとき、冒頭で述べた「見たいときにノートが見れない」が頻発した今が乗り換えを決意するよいタイミングではないか、と思ったのです。

ある意味、この先、メモは、Apple純正アプリで管理する、という覚悟です。

小田やかた
小田やかた
覚悟と聞くと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、メモがとれるアプリとしては、 Evernote以外にも、Ulyssesとアウトライナー(WorkFlowyと Dynalist)も使っていますので、これらの中でのApple純正メモアプリの位置づけの比重を高くした、ということです。

2 まとめ

本記事のまとめです。

  • メインのノートアプリをEvernoteからApple純正メモアプリに乗り換えた。
  • 理由は、ノートを見たいときに見れないストレスが大きい。メモアプリの進化、純正アプリの安心感という理由も乗り換えを後押し。
  • 今後はApple純正メモアプリがメインだがEvernoteの強みを活かして併用する。

では、次回は、Apple純正メモアプリとEvernoteの使い分けを紹介します。

EvernoteとApple純正メモアプリの使い分け Evernoteの有料プランを10年以上愛用してきましたが、以下の記事のとおり、メインのノートアプリをApple純正のメモアプリに乗り...

ノートブックとフォルダの構成を公開していますので、ぜひ、ご覧ください。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事