メモアプリ

Apple純正メモアプリで現在地の情報をメモする方法

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

本記事では、現在地の位置情報をApple純正メモアプリにメモする方法を紹介します。

私は、車をコインパーキングに停めたとき、場所を覚えておくためによく使っています。

小田やかた
小田やかた
Googleマップなどの地図アプリでは駐車位置を保存できる機能があります。ただ、位置情報を常に許可にしておかなければいけないため、バッテリーを考慮して、アプリ使用中のみ許可しています。よって、このメモアプリへの保存が重宝しています。

Apple純正のアプリ「ショートカット」を使います。

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

なお、本記事のうち、ショートカットの登録方法は、後述のとおり、拙著『メモアプリの小技50』の読者特典になりますので、ご了承ください。

1 ショートカットの使い方

あらかじめショートカットアプリでの登録が必要になりますが、まずは、このショートカットの使い方を紹介します。

ショートカットを発動します。

すると、メモアプリが起動し、以下の画像のとおり、日時と現在地の住所が入力されたメモが開きます。

何か追記したい内容があれば、追記することもできます。

現在地の住所はリンクになっており、タップするとApple純正のマップアプリが開きます。

2 便利な使い方

登録したショートカットは、iPhoneやiPadのホーム画面に置くことができます。

すぐに、位置情報をメモしたい場合は、ホーム画面に配置しておくことをオススメします。

ショートカットをホーム画面に配置する方法は、登録したショートカットを開き、左の画像のとおり、共有ボタンをタップし、右の画像のとおり、「ホーム画面に追加」をタップします。

そうすると、ホーム画面に追加されますので、わざわざショートカットアプリを開かなくても、これをタップすればショートカットを発動できます。

3 ショートカットの登録方法

ショートカットの登録方法は、以下の記事にまとめています。

保護中: 【限定記事】『メモアプリの小技50』読者特典 〜Appleメモアプリを格段に使いやすくするショートカットを公開〜

ただし、上記の記事は、拙著『メモアプリの小技50』の読者特典で、同書の中に記載のパスワードの入力が必要になります

本書はApple純正メモアプリの基本的な機能からマニアックな使い方までを50個厳選して紹介した本です。まだ、お読みでない方は、KindleUnlimitedの無料対象となっておりますので、ぜひ、ご覧ください。

なお、KindleUnlimitedは、30日間の無料体験があります。その間にお読みいただき、その後、KindleUnlimitedを解約すると一切の費用がかかることなくお読みいただけます。

4 おわりに

他にも以下のとおり、ショートカットを活用したApple純正メモアプリの便利な使い方を公開していますので、あわせてご覧ください。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事