Evernote

Evernoteはノート数が増えてくると結局検索で探すのでノートブックの区分けは神経質にならなくてよいかも

日々の生活の中で頭に浮かんだアイデアや思いつき、その日に考えたことや学んだことは、iPhoneアプリ「MemoFlowy」でメモしています。最近、そのメモを1日の最後にEvernoteへも保存することにしました。

参考 1日の終わりにその日の思考をWorkFlowyからEvernoteへ保存する理由 – いつもていねいに

最初、Evernoteのどのノートブックに保存するか迷いました。

新たに専用のノートブックを作るのか、既存のノートブックに入れるのか。

そのとき、ふと、思いました。

最近、Evernoteで目的のノートを探すとき、ほとんど、「検索」して探している。

であれば、どのノートに入れるかではなく、検索しやすいような工夫をすることの方が大事なのではないか、と。

というわけで、新たにノートブックを作らず、「Life log」という日記などを保存している一番よく使うノートブックに入れることにしました。

ノートの名称は、「■今日の思考と知見+日付」です。これにより「今日の思考と知見」というキーワードで検索すれば、日々、自分が考えたことや学んだことなどを簡単に検索できます。タグをつけておくという方法もありますが、この場合タイトルを揃えておいた方が楽です。

Evernoteの検索機能は大変優れています。ノートブックに分けて保存することも便利だとは思いますが、ノート数が多くなると、結局、検索して探すことになります。(私の場合ですが)

であれば、あまりノートブックの区分けに神経質にならなくても、検索しやすいノートの名称を心がければ、どのノートブックに入れても目的のノートにたどり着くことはできるのだと思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。