Evernote

WebページをPDFにしてEvernoteに保存するためのショートカット

最近、iPhoneのEvernoteでWebクリップして、後で見返したら画像や表のレイアウトが崩れて内容がわからなかった、ということが頻発しました。

かといって、PocketやInstapaperで保存しても、たいして変わりません。

Pocket
Pocket
開発元:Read It Later, Inc
無料
posted withアプリーチ
Instapaper
Instapaper
開発元:Instapaper Holdings, Inc.
無料
posted withアプリーチ

そこで、拙著『Evernoteの小技100』では、紙面の都合上、あまり触れられませんでしたが、WebページをPDFにしてEvernoteに保存することにしました。

ただ、残念なことに、WebページをPDFにしてEvernoteを保存するにも、共有にEvernoteが表示されないため、いったんファイルとして保存してからEvernoteに保存しなければいけません。

少し具体的に見ていきます。

まず、次の画像はWebページのスクショを撮ったところです。「フルページ」をタップすると、縦に長いWebページであっても全てをPDFにしてくれます。

ここで右上のアイコンをタップして共有を呼び出します。

ただ、残念ながらEvernoteのアイコンは表示されません。アプリのアイコンを右にスクロールさせて「その他」を表示させてもEvernoteはありません。

もちろん、ファイルに保存することはできます。ただ、いったんファイルに保存してEvernoteに保存するのは手間です。できれば、WebページをPDFにして、そのままEvernoteに保存したい。

そこで、ショートカットを使うことにしました。作り方は後述しますが、ここで「EvernoteにPDF保存用」と名付けたショートカットをタップしてみます。

ショートカット
ショートカット
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

すると、Evernoteのアイコンが表示されました。あとはEvernoteをタップすれば、見事、WebページをPDFにしたものをEvernoteに保存することができました。

タイトルがWebページのタイトルにならないのが残念ですが、あらかじめコピーしておけばペーストするだけですみます。

さて、このショートカットの作り方ですが、これは別にEvernote専用ではありません。

単純なショートカットですが、一応、紹介します。

ショートカットを起動し、「アクションを追加」をタップします。

検索窓に「次の方法で開く」と入力し、表示される「次の方法で開く」のアクションをタップします。

これだけで完成です。あとは、右上の「•••」をタップしショートカット名などを入力します。

ショートカット名を入力し、「共有シートに表示」をオンにします。

これで、前述のとおり、PDFにしたときにこのショートカットを発動すれば、共有にEvernoteが表示されます。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事