Evernote

Evernoteのノートは iMessage で手軽に共有できる

拙著『Evernoteの小技100』でノートを共有する方法をいくつか紹介しましたが、本書では紹介しきれなかった手軽な共有方法があります。

それは、iMessageを使う方法です。

これまで、私は、iMessageはただ受信するだけで、あまり積極的に使っていなかったのですが、最近、手軽さとあらゆるApple端末で使える便利さを改めて実感し、試しに、しばらく家族間の連絡に使い始めることにしました。

そこで、気づいたのですが、iMessageを送信するとき、Evernoteのノートを共有ノートとして簡単に送ることができます。かなり手軽です。

操作手順は簡単です。

次の画像左のとおり、iMessageのメッセージ作成画面で、キーボードの上に並んでいるアイコンを左にスワイプすると、アイコンが大きくなりアプリ名が表示されます。

ここから、画像右のとおり、Evernoteをタップします。

すると、次の画像左の通り、最近作成したノートが表示されますので、ここから目的のノートを探すか、ない場合は、検索窓にキーワードを入力して検索します。

目的のノートをタップすると、画像右のとおり、メッセージの本文にノートが添付されますので、あとは必要に応じて本文や件名を入力して送信します。

受信者は、受信したEvernoteのノートをタップすると、Evernoteでノートを表示させることができます。

iMessage は、Evernote以外にも、同じ要領で、例えば、Drafts5のメモやGoogleフォトの写真など、さまざまなアプリのデータを手軽に送れるので便利です。

もし、一度も使ったことがないようでしたら、一度、試してみてください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事