WorkFlowy

iPhone・iPadのWorkFlowyアプリでデータをエクスポートする方法

iPhoneとiPadのWorkFlowyアプリでもパソコンのWorkFlowyと同様、データをエクスポート、すなわち他のアプリにコピー&ペーストすることができます。

これまでWorkFlowyアプリのエクスポートについては、以下の記事で書いたとおり、不十分でした。

WorkFlowy公式アプリのエクスポート機能の現状と課題の解決策 iPhoneのWorkFlowy公式アプリは、少し前ですが、エクスポートの機能が実装されました。 これでWorkFlowyのデー...

それが、先日のWorkFlowyアプリのアップデートによりiPhoneやiPadでもパソコン並みのエクスポートの機能を使えるようになりました。

本記事ではエクスポートの機能を解説します。

WorkFlowy: Note, List, Outline
WorkFlowy: Note, List, Outline
開発元:FunRoutine INC
無料
posted withアプリーチ

1 エクスポートの方法

では、エクスポートする場合のWorkFlowyアプリでの操作方法です。

エクスポートしたい上位のトピックで左にスワイプします。(画像左)表示されたメニューの中の3点アイコンをタップします。(画像右)

表示されたメニューの中から「Export」をタップします。(画像左)すると、画像右のように、全文が選択状態になりますので、青い選択状態のところをタップすると表示されるメニューから「コピー」をタップします。(全文ではなく一部分をコピーしたい場合は、該当の部分を選択してからコピーをしてください)

これでデータがコピーされましたので、あとはエクスポート先のアプリでペーストするだけです。

なお、この場合は「Formated」という形式なので、必要に応じて「Plain text」や「OPML」を選択してからコピーしてください。(画像右)

この形式の違いはパソコンのWorkFlowyと同様で、「Formated」は、アウトラインを維持した形式でデータをコピー、「Plain text」はプレーンテキストでコピー、「OPML」はアウトライナー形式でコピーされます。

2 エクスポートの結果

次に、前項の方法でエクスポートしたデータは、他のアプリではどうペーストされるのかを以前の以下の記事と同様に検証してみます。

WorkFlowy公式アプリのエクスポート機能の現状と課題の解決策 iPhoneのWorkFlowy公式アプリは、少し前ですが、エクスポートの機能が実装されました。 これでWorkFlowyのデー...

これ以降の画像は、左が「Formated」、右が「Plain text」でコピー&ペーストした結果です。

(1)Evernote

Evernoteにペーストした場合、特筆すべきは、「Formated」の形式でコピー&ペーストするとインデント(段差)か維持される点です。しかも、これはEvernoteのインデント機能としてペーストされています。(すなわちEvernoteのインデントのアイコンで操作が可能)

「Plain text」でペーストした場合は、WorkFlowyでコピーしたデータかそのままペーストされています。

(2)Ulysses

Ulyssesに「Formated」の形式でコピー&ペーストした場合、インデント(段差)は解除されます。

一方、「Plain text」でコピー&ペーストすると、Ulyssesのリストとしてペーストされます

(3)Drafts

Draftsに「Formated」の形式でコピー&ペーストした場合、Ulyssesと同様、インデント(段差)は解除されます。

一方、「Plain text」でペーストした場合は、WorkFlowyてコピーしたデータかそのままペーストされています。

(4)メモ

Apple純正のメモアプリにペーストした場合、特筆すべきは、Evernoteと同様、「Formated」の形式でコピー&ペーストすると、インデント(段差)か維持される点です。しかも、これはメモのインデント機能としてペーストされています

「Plain text」でペーストした場合は、WorkFlowyてコピーしたデータかそのままペーストされています。

(5)Dynalist

Dynalistに「Formated」の形式でコピー&ペーストした場合、同じアウトラインの状態でペーストされます。これは「OPML」形式でコピー&ペーストしても同じ結果です。

一方、「Plain text」でペーストした場合は、WorkFlowyでコピーしたデータがそのままペーストされています。

3 おわりに

これまでiPhoneとiPadのWorkFlowyアプリでのエクスポートには苦労してきました。今回のアップデートにより、ようやくパソコン並みのエクスポートの機能が実装され随分と使いやすくなりました。

これで、WorkFlowyは、iPhoneやiPadでもパソコンに引けを取らない使い勝手になったと思います。

インデントを維持したまま「WorkFlowy」と「Evernote」の双方向のデータを受け渡す最適な方法 最近、アウトラインのインデント(段差)を維持したままWorkFlowyとEvernoteの双方向のデータの受け渡しがスムーズ...
WorkFlowyの表示そのままをWordやWindowsのメモ帳にペーストする方法の試行錯誤〜仕事でWorkFlowyを活用するために〜『かーそる』の中のるう@おいしいワイン(@ruu_embo)さんが執筆を担当した「言葉を整えるための作業ファイルをつくる」という章の中に...
アウトラインを維持したまま「WorkFlowy」と「Dynalist」の双方向でデータを受け渡す最適な方法 以下の記事で、WorkFlowy とDynalistの使い分けについて書きました。 https://teineini....

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事