WorkFlowy

アウトライナーの「Dynalist」の色付けの機能を「WorkFlowy」のノートで代用してみた

「WorkFlowy」の小ネタ記事です。

普段、アウトライナーは「WorkFlowy」を愛用しているのてすが、KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)本の骨子を考えるときだけ、「Dynalist」を使っています。

WorkFlowy: Note, List, Outline
WorkFlowy: Note, List, Outline
開発元:FunRoutine INC
無料
posted withアプリーチ
Dynalist
Dynalist
開発元:Dynalist Inc.
無料
posted withアプリーチ

理由は2つです。

1つは、Dynalistは、自動でナンバリングできるからです。

自動でナンバリングされることで、章の中にいくつ項を作るか考えるときに便利です。

2つ目は、項目に色をつけることができるからです。

章や節の項目に色をつけることで区切りがわかりやすくなります。とくに、骨子を考えているとき、色をつけることで思考を整理しやすくなります。

実際、拙著『たすくまの小技40』を出版する前に、Dynalistで骨子を考えたときの内容が以下です。

ただ、Dynalistは、iPhoneアプリでは、任意の項目でエクスポートできないことに不便を感じ、最近、立て続けに出版した次の2冊は、WorkFlowyを使いました。なにせ、作業の大半はiPhoneだからです。

WorkFlowyだと、前述した2点、自動ナンバリングと色付けができないのが不便なのですが、2つ目については、こんな工夫をしてみたところ、割に使えました。

こういう感じで、トピックのノート部分に線をいれることで、区切りを作ることにしたのです。

Dynalistのように、色で区切りを作ることはできませんが、まぁ、見た目の区切りとしては機能しています。

ただ、あまり早い段階で、この区切りを入れると、新たなアイデアが出にくくなるので、章立てがかなり固まった段階、もしくは、混沌とし過ぎて頭の中をいったん整理したいとき、仮で章立てなどの区切りをつけたいときに使いました。

私は、アウトライナーで骨子と各項のポイントを考えた後は、それをエディタとして使っているUlyssesに移して原稿の執筆をしています。

「Ulysses」でKDP出版する場合の使い方 先日、KDPで『Apple Watchで何ができるか 〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を...
なぜブログはWorkFlowyで全体像を考えてからUlyssesで書いた方がうまくいくのか 私は「Ulysses」でブログの記事を書いています。 それまでは、アウトライナーのWorkFlowyを使っていたのですが、画像...

よって、iPhoneのDynalistのように、任意なところで、エクスポートできないのは不便なので、次作もWorkFlowyを使おうかと思っています。

WorkFlowyに色付けとナンバリングの機能が実装されることを望むばかりです。

ちなみに、Dynalistのナンバリングの設定はiPhoneアプリでできないのも不便ですね。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働き家庭のサラリーマンパパ。現在、小学生と中学生の子育てに奮闘中。 本ブログは、「デジタルツールを活用したライフハックと知的生産のある暮らしを追究するブログ」です。iPhone、iPad、Apple Watchなどのデバイスや、WorkFlowyEvernoteUlyssesTaskuma(たすくま)Draftsなどのアプリに関する記事が多めです。
関連記事