WorkFlowy

アウトラインを保ったままWorkFlowy(HandyFlowy)からDynalistへデータを移動させる一番手早い方法

WorkFlowyとDynalistの使い分けについて、試行段階ではありますが、以前、以下の記事で紹介しました。

あわせて読みたい
WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)2ヶ月ほど前から、アウトライナーの「Dynalist」を使い始め、2016年から使っている「WorkFlowy」との使い分けを試していま...

簡単に言えば、作業中(思考中)のデータは、WorkFlowyに置き、作業が完了したデータのうち後で見返す可能性のあるものはDynalistに移動させる、というものです。

これによりWorkFlowyのデータを常に軽くし動作の軽快さを保つとともに、WorkFlowyと同じアウトラインをDynalistから見返すことができます

アウトラインを保ったままWorkFlowyからDynalistへデータを移動させるには、以前、以下で紹介したように、WorkFlowyからOPML形式でExportする必要があります。

あわせて読みたい
アウトラインを維持したまま「WorkFlowy」と「Dynalist」の双方向でデータを受け渡す最適な方法 以下の記事で、WorkFlowy とDynalistの使い分けについて書きました。 https://teineini....

この運用で肝になるのは、いかにスムーズにWorkFlowyからデータをOPML形式でExportし、Dynalistへペーストするかです。

パソコンで操作する場合は、それほど手間に感じないのですが、スマホですと、手数が多いと煩わしくなります。

いかにその手数を少なくするかがポイントになるわけですが、今のところ、以下の方法が一番、手数を少なく操作できるのではないかと思い、日頃、よく使うようになりました。

HandyFlowyを使った手順です。(スマホのWorkFlowy公式アプリはExport機能がありません)

  1. 移行したいトピックにカーソルを置く
  2. カスタマイズツールバーから「Export」をタップしOPMLを選択する
  3. Dynalistを開き、ペーストする

HandyFlowyのExportは、下の画像のように、右のメニューからも選択できますが、上記のようにカスタマイズツールバーから操作した方が手早いかと思います。

また、カスタマイズツールバーは、アドオン(有料)の機能ではありますが、並び順をカスタマイズできますので、頻繁に使うのであれば、例えば、カスタマイズツールバーの左の方に配置すると、かなり早く操作ができると思います。

ボタン1つで、OPML形式のデータがコピーされ、同時にDynalistが起動すればベストなのですが、この方法でも十分ストレスなく運用できますので、WorkFlowyからDynalistへデータを移す機会のある方には、オススメです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。