WorkFlowy

アウトラインを維持したまま「WorkFlowy」と「Dynalist」の双方向でデータを受け渡す最適な方法

以下の記事で、WorkFlowy Dynalistの使い分けについて書きました。

あわせて読みたい
WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)2ヶ月ほど前から、アウトライナーの「Dynalist」を使い始め、2016年から使っている「WorkFlowy」との使い分けを試していま...

その内容は、要約すると、 WorkFlowyは思考の作業場として今まさに使用中のデータを置き、思考を終え見返す可能性が高いデータはDynalistに移動させるというものでした。その目的は、WorkFlowyの保存データの軽量さを保ち、動きを軽快にするものでした。

また、以前は DynalistではなくEvernoteへ移動させていたのですが、アウトラインで見返したいこともありDynalistに移動先を変えて試行中と紹介しました。

そこで気になるのが、WorkFlowyからDynalistへデータを移動させたときのDynalistでの表示のされ方です。要するに、DynalistでWorkFlowyと同じように表示されるのか。

試しにWorkFlowyからDynalistへデータを移動させた場合のDynalistでの表示結果を少し整理してみました。

ちなみに、 階層(インデント)を維持したまま WorkFlowyからEvernoteへのデータの移行については、以前記事にしましたのでご参照ください。

あわせて読みたい
インデントを維持したまま「WorkFlowy」と「Evernote」の双方向のデータを受け渡す最適な方法 最近、アウトラインのインデント(段差)を維持したままWorkFlowyとEvernoteの双方向のデータの受け渡しがスムーズ...

1. WorkFlowyからDynalistへデータを移動させる場合の最適な方法

結論を先に言えば、 WorkFlowyからOPML形式でデータをExportし、Dynalistにペーストすれば、 うまくいきます。

もう少し丁寧に説明すると、WorkFlowyのExportには、「Formatted」「Plain text」「OPML」の3つの形式と、範囲を選択してコピーする方法があります。

そのうち「OPML」でExportし、Dynalistにペーストすれば、WorkFlowyのアウトラインやnoteの内容を保ったまま WorkFlowyと同じようにDynalistに表示させることができます。

では、他の形式でExportするとどうなるのか。

また、WorkFlowyのトピックにnoteがある場合や、トピックを閉じていた場合はどうなるのか、など気になる点がありますので次項で整理してみました。

2. WorkFlowyからDynalistへデータを移動させた場合のExportの形式別の結果の整理

前述のように、WorkFlowyのExportには、次の4パターンがありますので、それぞれの場合、どのようにDynalistにペーストされるのかを分けて説明していきます。

  • Formatted

  • Plain text

  • OPML

  • 範囲を選択してコピー

また、パソコン(Chrome)の場合とiPhone(HandyFlowy)の場合に分けて整理します。

(1) パソコンの場合

まず、例として、Dynalistに移動させる元のWorkFlowyのデータを以下の内容とします。

WorkFlowyの元データ

ご覧のとおり「3つのExportの結果の違い」のトピックに「結論は…」というnoteがあります。

また、「Formatted」から「コピペ」までの4つのトピックはそれぞれ下位トピックを折りたたんで(非表示にして)います。

この状態のWorkFlowyのデータを「Formatted」「Plain text」「OPML」「範囲を選択してコピー」の4つの場合でDynalistにペーストした結果を見ていきます。

a. Formatted

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

FormattedでペーストしたDynalistの結果

注目すべきところは、折りたたんでいたトピックもペーストされている点と、noteの部分がトピックになった点、です。

noteについては、下位のトピックとなるのではなく、noteの元のトピックよりも上位のトピックになりました。

あとは、WorkFlowyのデータがそのままペーストされています。

b. Plain text

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

PlaintextでコピーしてDynalistにペーストした結果

1つのトピックにペーストされました。

WorkFlowyのnoteだった部分は「” ”」で囲まれています。

c. OPML

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

OPMLでコピーしてDynalistにペーストした結果

元のWorkFlowyのデータと同じようにペーストされました。

折りたたんでいた内容もペーストされ、noteの部分もそのままnoteとしてペーストされています。

d. 範囲を選択してコピー

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

範囲を選択してコピーしてDynalistへペーストした結果

WorkFlowyで範囲を選択して単純にコピーしてDynalistにペーストすると、折りたたんだ内容はペーストされませんでした。 WorkFlowyで表示されている内容しかペーストされていません。

noteの部分は、「Formatted」と同様、トピックとしてペーストされています。

(2) iPhone(HandyFlowy)の場合

次にiPhoneの場合です。

まず、例として、パソコンのときと同じように、Dynalistに移動させる元のWorkFlowyのデータを以下の内容とします。

パソコンのデータと同様、ご覧のとおり「3つのExportの結果の違い」のトピックに「結論は…」というnoteがあります。また、「Formatted」から「コピペ」までの4つのトピックはそれぞれ下位トピックを折りたたんで(非表示にして)います。

この状態のWorkFlowyのデータをDynalistにペーストしますが、iPhoneのWorkFlowy公式アプリには、Exportの機能がありませんので、iPhoneでWorkFlowyを扱うことができExportの機能のあるアプリHandyFlowyを使います。

HandyFlowy

無料
(2018.05.26時点)
posted with ポチレバ

HandyFlowyのExportの機能は、以下のメニューがありますが、今回、インデント(階層)があり、noteがある場合を検証していますので「インデント note in line」「インデント note outer line」「OPML」の3つの場合でDynalistの公式アプリにペーストした結果を見ていきます。

Dynalist

無料
(2018.05.26時点)
posted with ポチレバ

a. インデント note in line

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

折りたたんだ内容はペーストされず、 HandyFlowy(WorkFlowy)のnoteの内容はトピックの中に入り、[Note]以下がnoteの内容となっています。

b. インデント note outer line

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

折りたたんだ内容はペーストされず、noteはトピックとしてペーストされ「–Note Start–」と「–Note End–」で囲まれた部分がnoteの内容となっています。

c. OPML

Dynalistにペーストした結果は以下の画像のとおりです。

折りたたんだ内容はペーストされ、noteの内容もnoteとしてそのままペーストされました。HandyFlowy(WorkFlowy)のデータがそのままペーストされています。

3. DynalistからWorkFlowyへデータを移動させる場合の最適な方法

ここまでWorkFlowyからDynalistにデータを移動させた結果を見てきましたが、逆にDynalistからWorkFlowyに戻す(移動する)場合はどうなのか。

その場合は、DynalistのExportのメニューから「OPML」を選び、出力されたデータをコピーして、WorkFlowyにペーストすれば、元のデータと同じ形で戻す(移動させる)ことができます。

ちなみに、Dynalistはパソコンだけでなく、iPhoneのDynalist公式アプリにもExportの機能はあります。

下の画像はDynalistの公式アプリでExportする方法です。

4. おわりに

いろいろ書いてきましたが、結論的にはWorkFlowyもDynalistも「OPML」でExportしてコピペすればうまくいく、ということです。

WorkFlowyとDynalistのデータの行き来はけっこう簡単ですし、アウトラインとnoteの形をそのまま保つことができるので、結構便利かもしれません。

ますますWorkFlowyとDynalistの使い分けがはかどりそうです。

あわせて読みたい
WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)2ヶ月ほど前から、アウトライナーの「Dynalist」を使い始め、2016年から使っている「WorkFlowy」との使い分けを試していま...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。