WorkFlowy

なぜブログはWorkFlowyで全体像を考えてからUlyssesで書いた方がうまくいくのか

私は「Ulysses」でブログの記事を書いています。

それまでは、アウトライナーのWorkFlowyを使っていたのですが、画像を挿入できる、WordPressに投稿できるなどブログに便利なUlyssesに乗り換えました。

ブログや本の執筆エディタとして「Ulysses」をオススメする10個の理由 2019年5月からブログのエディタとして「Ulysses」を使っています。また、本の原稿のエディタとしても使っています。 htt...
ブログエディタとしての「Ulysses」の使い方 ブログや本の原稿のエディタは、以前の以下の記事で書いたとおり、Ulyssesを使っています。 https://teineini....
Ulysses
Ulysses
開発元:Ulysses GmbH & Co. KG
無料
posted withアプリーチ
WorkFlowy: Note, List, Outline
WorkFlowy: Note, List, Outline
開発元:FunRoutine INC
無料
posted withアプリーチ

ただ、Ulyssesで文章を書いていても、WorkFlowyを使っていたときほど何かしっくりこない。未消化な感じがありました。

自分の考えを書き切れていない感じといってもいいかもしれません。

そこで、書きたい内容のキーワードを先にWorkFlowyでダーっと箇条書きで打って、アウトライナーの機能を活かし上下を入れ替え、階層化して、ある程度文章の流れと骨格を整えた後、Ulyssesに移して文章を書いていくことにしました。

そしたらしっくりきました。

出し切った感というか、書き切った感という感覚です。

すっきりした感じです。

なぜ、そうなったのか。

なぜ、最初にWorkFlowyで書き始めた後、Ulyssesで書くとしっくりくるのか。書き切った感が得られるのか。

それは、アウトライナーのWorkFlowyだと

  • 箇条書きとインデントが簡単なので書きたいことが漏れなく出せる
  • 上下の入れ替えが簡単なので文章の流れを作りやすい
  • 構造化しやすく構造化したことにより漏れに気づきやすくなるとともに内容を深めようとする意識が働く

ということで、書き始めにはアウトライナーが最適なのではないか、と思いました。

いきなり真っ白な画面に文章を書き始めるよりは、まずはアウトライナーであるWorkFlowyに書きたい内容のキーワードを箇条書きで書き出す。文章の流れを考えながら上下の入れ替えを行い、また、構造化して思考や論理の漏れがないかを確認する。さらに構造化する中で抽象的な思考と具体的な思考を繰り返しキーワードにし記事の骨格を整える。その後、Ulyssesに移し、それらに肉付けする形で文章を書き、見出しをつけ、画像を挿入する。そして、Ulyssesでアイキャッチ画像を挿入して、カテゴリやタグなどを設定してWordPressに投稿する。

この流れ、すなわちブログの記事の骨格はWorkFlowyで作り、その後の文章書きと画像の挿入などはUlyssesで行う、という流れがしっくりきてうまくいくのです。

ブログの記事がうまく書けなかったり、文章が書けないという悩みをお持ちであれば、試しにアウトライナーを使って骨格を作ってからエディタで書き始めてはどうでしょうか。

「WorkFlowy」から「Ulysses」に出力してブログを書くときに重宝するもの これまでブログの執筆は、アウトライナーの「WorkFlowy」を使っていましたが、最近は、「Ulysses」をメインにしています。 ...
iPhone・iPadのWorkFlowyアプリでデータをエクスポートする方法 iPhoneとiPadのWorkFlowyアプリでもパソコンのWorkFlowyと同様、データをエクスポート、すなわち他のアプリにコピ...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事