Evernote

モバイルな書庫をEvernoteに 〜「今どきのEvernoteの使いみち」Vol.5 自炊本と楽曲の保存〜

さまざまなノート系アプリや情報整理系アプリがある中、Evernoteを10年以上使い続けている私がEvernoteを何にどう使っているか。どういう使いみちに落ち着いたのか。本ブログでは「今どきのEvernoteの使いみち」と題して連載記事を書いています。

その使いみちの一つが自炊した本の置き場「書庫」です。また、CDから取り込んだ楽曲のバックアップ先として使っています。

1 自炊本の保存

以前は、以下の記事で紹介したとおり自炊本はGoogleドライブに保存していました。

Evernoteを「本棚」として使うメリット 以前、以下の記事で紹介したように、約300冊の蔵書をスキャンサービスに出したことがあります。 https://teineini.n...

ただ、Googleドライブは15ギガまでは無料で使えますが、それ以上は有料です。しかも、当たり前ですが、容量が増えるほど費用負担は増えます。

ある程度、見返す頻度が高ければ費用負担も考えるのですが、自炊本はそれほど見返すことはありません。

そこで、Evernoteの特性を活かしてEvernoteに保存することにしました。

というのは、Evernote(プレミアム版)は、1ノートの上限容量は200MB、月間アップロードの上限は10GBという制限はありますが、それさえクリアすれば、プレミアム版の年額5,200円以上の金額を支払う必要はありません。トータルの保存容量の上限がないのです。

よって、この先、自炊本が増え続けても、1ノートの上限保存容量と月間の保存容量さえクリアすれば、Evernoteに保存し続けることが可能です。

これは自炊本の保管先としてはもってこいです。

ちなみに、Evernoteで自炊本を見る方法ですが、pdfであれば普通に見ることができます。ただ、前述の記事で紹介したとおり、Kindleアプリを使うと自炊本が読みやすくなります。

また、拙著「『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜」』で紹介したとおり、この使い方はモバイル書斎の第1歩となります。

2 楽曲データのバックアップ

音楽は、以前、以下の記事で紹介したとおり、「GooglePlayMusic」で管理しています。すべての楽曲のデータはクラウドの「GooglePlayMusic」にあるのです。

10年以上使い続けた「iTunes」をやめた理由と代替としての「GooglePlayMusic」と「iCloud」「iPod nano」を使い始めた頃から「iTunes」を使っていますので、かれこれ10年くらいiTunesを使っていることになります。...

その楽曲のデータ、元はCDから落としたデータですが、それをバックアップとしてEvernoteに保存しています。

前項の自炊データと同じで、Evernoteはトータルの上限の保存容量がないため、こういったバックアップ先として使うには最適なのです。

ちなみに、過去のすべての楽曲データを保存するのは大変なので、自分の好きなアーティストをピックアップして、そのアルバムを保存しています。今後はすべて保存していきます。

3 おわりに

Evernoteに保存した自炊本はめったに見返しません。音楽データも基本は「GooglePlayMusic」を使って聴くので、アクセスすることはありません。

こうしたデータを保管する場所としては、クラウドストレージは他にもたくさんありますが、トータルの保存容量の上限がないEvernoteは最適だと思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事