アプリ

「Evernote以外を使いたくなる衝動」とアウトライナー

前回の以下の記事で書いたとおり、私には、Evernote以外のノート系アプリに目移りしてしまう「Evernote以外を使いたくなる衝動」が定期的に起こります。

でも、結局は、総合的に考えると、安定感や信頼感があり、あらゆるファイル形式を保存でき、連携アプリの多い「Evernote」を超えるアプリはないことに気づきます。そして、目移りしたアプリの機能に近づけるようEvernoteの使い方を工夫しよう、ということで落ち着くのです。

「Evernote以外を使いたくなる衝動」とその結末今年、2019年1月の以下の記事で「Evernote愛」をさんざん書いたのに、 最近、Evernote以外のノート系アプリが気になり始め...

ただ、アウトライナーは違います。

Evernoteにもアウトラインを作る機能はありインデントの操作はできますが、アウトライナーではないので、トピック(アウトラインの行)の開閉、すなわち下位トピックの表示・非表示を切り替える機能はありません。

よって、私は、アウトライナーの「WorkFlowy 」を愛用し、Evernoteと併用しているのですが、WorkFlowyはあくまで「作業場」として使い、Evernoteはアーカイブ場所として使っていました。

ただ、アウトラインをそのまま扱えるアーカイブする場所がほしくなりました。

当然、Evernoteでもアウトラインをアーカイブできるのですが、前述のとおり、トピックの開閉はできません。Evernoteでは、アーカイブしたアウトラインのトピックの開閉をしたくなるときに都合が悪いのです。

ということで、今、「Dynalist」をアウトラインのアーカイブの場所として使いたくなりました。

結局それは、以前の記事の「WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)」で書いた、WorkFlowyで作業を終えたデータはDynalistに移すという試行の結果である「WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)の結論」で書いた、WorkFlowyで使い終えたデータはEvernoteに移すという結論を保留にし、試行中だった使い分けに戻してみるということです。

WorkFlowyは、1つのアウトラインしか作れないこともあり、非常に流動的な使用感がありますが、Dynalistはファイル単位でアウトラインを作ることになるのでWorkFlowyより固定感があり、アーカイブとしてはもってこいです。さらにWorkFlowyと違い、Dynalistは作れるアウトラインの数に制限はありません。

ただ、私にとってEvernoteは自分のあらゆるデータの保管庫としているので、Evernoteと、WorkFlowyとDynalistの3つのツールの使い分けをもう少し明確にしたいと思っています。ひとまずは、アウトライナーでアーカイブしておきたいデータは「Dynalist」に移していこうと思っています。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。