Evernote

Evernoteアプリの箇条書きとインデントの機能をマスターする

拙著『Evernoteの小技100』や以下の記事で紹介したとおり、Evernoteは箇条書きやアウトラインを簡単に作ることができます。

Evernoteのアウトラインの機能は手軽で便利 Evernoteのアウトラインの機能は捨てたもんじゃない。 最新、そう思うようになり、簡単なアウトラインであれば、Work...

ただ、iPadやiPhoneのEvernoteアプリには、箇条書きとインデントのアイコンがあり、両者の挙動がわかりづらいので、本記事でまとめておきたいと思います。

箇条書きとインデントのアイコンとは、次の画像の赤枠内のアイコンのことです。

ここでは、仮に上にあるアイコンを「箇条書きアイコン」、下を「インデントアイコン」と呼ぶことにします。

では、両者の挙動を試してみます。

仮にEvernoteのノート本文に次の文章があったとします。

上の「箇条書き…」の文章内にカーソルを置き箇条書きアイコンをタップ、下の「インデント…」の文章内でインデントアイコンをタップしてみます。

すると次の画像のようになりました。

どちらもインデント(字下げ)しましたが、上の文章は、箇条書きの機能だけあって文頭に「・」がつきました。下の文章はインデント(字下げ)しただけです。

ここまでは想像しやすい動きだと思います。

さらに、上の文章内で箇条書きアイコンをタップするとどうなるかというと、箇条書きが解除されてしまいます。

では、箇条書きアイコンではなくインデントアイコンをタップするとどうなるか、また、下の文章内でインデントアイコンをタップすると、どうなるかというと、次の画像のようになりました。

上の文章は文頭の「・」の種類が変わりました。階層レベルが変わった(下位になった)ということです。下の文章は、さらにインデント(字下げ)されました。

ここで改行すると、次の画像のとおり、上の文章はさらにもう1つ「・」ができます。(下の画像では「箇条書き」と追記した状態)

下の文章は単純に同じインデント内で改行されました。(下の画像では「インデント」と追記した状態)

ここでアウトラインにする場合は、上の文章では箇条書きアイコンではなくインデントアイコンをタップする必要があります。(箇条書きアイコンをタップすると箇条書きが解除されてしまいます。)すると、次の画像のとおり、文頭の「・」が異なる下位の階層ができました。下の文章はインデントアイコンをタップすることで下位の階層ができました。

さらに、上の文章で下位の階層ではなく同じ階層内で改行したい場合は、ここで箇条書きアイコンをタップすると、次の画像のとおり、文頭の「・」が消え、階層が一段あがり、同じ階層内での改行となります。

以上、少しマニアックな解説だったかもしれませんが、拙著『Evernoteの小技100』でも書いたとおり、見返したくなるノートを作るには、こういった箇条書きやインデントなどの機能を上手に使うのがミソになりますので、こういった機能は少しこだわってもいいのかなと思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事