知的生産

【結論】「MacBook」「iPad+Smart Keyboard」「iPad mini+外付キーボード」どれを持ち歩くのがベストなのか?(2020年5月)

以下の記事で書いたとおり、何を持ち歩くか、悩みに悩みました。結果、2020年5月時点の私の生活環境からしてベストなのは、読書と文章作成の両方使える「iPad mini」を選択することにしました。あわせて外付けキーボードも持ち歩きます。

「MacBook」「iPad+Smart Keyboard」「iPad mini+外付キーボード」どれを持ち歩くのがベストなのか? 〜文章を書く上でモバイルツールを選ぶ4つの視点〜 1 効率的かつ快適に文章を書く環境 私は、拙著『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』という本をKDP出版している...

外付けキーボードは、以前から愛用していた、リュウドです。

一時期、以下の記事のとおり、合体キーボードにハマっていましたが、iPad miniで読書するときに外さないといけないこととキーピッチが狭いため、使うのをやめてしまいました。

超軽量なパソコン(Mac)を探しているならこの方法がオススメ 〜iPad miniと合体キーボードの組み合わせ〜 MacBookよりも、MacBook Airよりも軽量なMacがほしい、とずっと思っていました。 それがついに実現した気分です...

リュウドは、2つ折りで約220gの軽量、打ち心地はまずまず。さらにスタンドも内蔵という、ほぼ不満のないキーボードです。

ただ、欲を言えば、リュウドはキーの高さが高めで、打ち心地が好みとは言いづらい。また、スタンドが内蔵しているのはありがたいのですが、iPad miniは立つと言えば立つのですが、画面をタッチして操作するときに不安定になることがあります。

不満というほどでもないのですが、リュウドはかなり使ってきたので、そろそろ試しに、他のキーボードを使ってみたくなりました。

いろいろ探した結果、1番気になったのは、以下の記事で紹介されている「Ewin」。

記事を読むと3回も買うほどだから相当いいんだろうな、と思わされますし、以下のレビューを見てもなかなかよさそうです。

よし、「Ewin」にしようと、決断しかけたとき、ふと、Smart Keyboardのことが頭をよぎりました。

というのは、Smart Keyboardは、さんざん迷って買った結果、予想以上の使い勝手に「やっぱり純正は違う!」と痛いほど思わされたからです。

2019年に買ってよかったものベスト3 毎年恒例で紹介している「今年1年に買ってよかったものベスト3」を決めたいと思います。 毎年、この作業を通じて、1年間に買ったもの...

となると、iPad miniとMagic keyboardの組み合わせを試したくなりました。(iPad mini専用のSmart Keyboardがあるといいのですが•••)

Magic Keyboardの重さは、前述の「Ewin」よりは少し重いもののそこまで気にならない。(Magic keyboardは231g、Ewinは157g)

あとは、サイズの違いですが、幸いにもいつも通勤で使っている以下のリュックの上のポケットにギリギリ入りそう。iPad miniと一緒に。

ということで、純正の誘惑に乗ってみようと、Magic Keyboardを購入しました。

結果、大満足です。

さすがは純正、と純正神話が自分の中ではできあがりつつあります。

というのは、見た目最高、打ち心地最高。

見た目がオシャレ過ぎてキーボードを打ちたくなるんです。しかも私のiPad miniはホワイトのため、ホワイトのMagic Keyboardと組み合わせると惚れ惚れしてしまうほどです。

打ち心地は、人によって好みがありますが、自分が持っているMacBook Air(2015)のキーボードの打ち心地に近くて私は気に入っています。

さらに、折りたたみキーボードにないメリットとして、膝の上でもそれなりに打てる、ということ。具体的には、電車の中の椅子や駅のホームのベンチに座って、膝に前述のリュックを置いて、その上でiPad miniとMagic Keyboardを置いて文章を書くことができるのです。折りたたみキーボードよりは断然安定しています。

ただ、難点もないわけではありません。

オンとオフが手動なのです。リュウドも前述のEwin もキーボードのキーをどれか押すだけで自動的に電源が入る便利さを考えるとちょっと残念です。

とくに使い終わった後にオフにするのを忘れて、iPad miniを使うときにデフォルトキーボードが出てこず焦ったこともあります。

あとは、当然のことですが、重さは折りたたみキーボードと遜色ない軽さなのですが、サイズが大きいため鞄の中で場所をとる、ということくらいでしょうか。

とはいっても、これらの難点を余裕で打ち消すほど、見た目の美しさで打つ意欲は高まり、打ち心地のよさで快適に文章を書けることは間違いありません。

Ewin を試しに使ってみたかったという気持ちはありますが、Magic Keyboardに大満足なので、しばらくは、iPad miniとMagic Keyboardの組み合わせでいこうかと思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事