Evernote

「CalEver (NotesViewer) 」により考えさせられた Webクリップにおける「Pocket」と「Evernote」の使い分け

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

前回の以下の記事で書いたとおり、iOSアプリ「CalEver (NotesViewer) 」を使うと、過去にEvernoteに保存した同時期の日記を見返しやすくなり、日記を書くモチベーションが高まる、と書きました。

EvernoteとCalEver (NotesViewer) を使えば日記を書き続けるモチベーションが維持できる

その「CalEver (NotesViewer) 」で、2年前の同時期の日記を見返そうとしたときのことです。

同じ日にEvernoteに保存していたWebクリップのノートが目に入りました。

それは、2年前の同じ時期にレジャー先として検討していた場所のWebサイトをクリップしたものでした。

当時は、子どもの年齢的に早いということで、結局、行きませんでした。調べたことすら、すっかり忘れていたので、日記を見返すつもりが、思わぬ出会いになりました。それから、そのWebサイトに行き、再度、内容を調べて、レジャー先の候補となりました。

そのとき、はたと思いました。

調べたことや、興味・関心を持ったことを、Evernoteに何でも入れておくと、あとになって思わぬ出会いがあったりするものだ、と。

今、Webクリップは、基本的にはPocketを使っていて、見返す可能性の高いものだけを厳選してEvernoteに入れています。

あまりEvernoteのノート数を増やしてノイズを増やしたくないからです。

Pocket

無料
(2018.06.10時点)
posted with ポチレバ

ただ、この経験をしてからというもの、この使い方について少し考えさせられました。

とにかく調べたことや関心・興味を持ったことは、メモでもWebクリップでも何でもEvernoteに入れておけば、あとになって、その時期のEvernoteのノートを見返すと、自分の関心や興味の有り様がわかったり、忘れていたことに出会えたり、何かしらの効果を生むのではないか、と思ったのです。それに、過去の自分を興味・関心という視点から振り返るのは、単純に楽しいものです。

かといって、何でもかんでもEvernoteに保存して、Evernoteが使いにくくなってはいけません。

難しいところです。

いずれにしても、Webクリップにおける「Evernote」と「Pocket」の使い分けのルールを少し見直したいと思っています。ただ、まだ、なかなかしっくりくるルールが見出だせていませんが。

Pocket

無料
(2018.06.10時点)
posted with ポチレバ
Evernote

無料
(2018.06.10時点)
posted with ポチレバ

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事