Evernote

iOSのEvernoteアプリで「ノートリンク」(内部リンク)を作成する方法

iOSのEvernoteアプリでも「ノートリンク」(内部リンク)を作成できる、ということを最近知りました。

ノートリンクとは、Evernote内でノート間を移動できる機能です。

いつ頃からできるようになっていたのでしょうか。

iPhoneのEvernoteアプリは、毎日、ヘビーに使っているのですが、最近、操作していたら、たまたま気づきました。

では、ノートリンクの操作方法をまとめておきます。

1 ノートリンク(内部リンク)を作成する方法

iOSのEvernoteアプリで、リンク元にしたいノートの上部の人アイコンをタップします。

「他の共有オプション」から「内部リンクをコピー」をタップします。

あとは、リンクを張りたいところにペーストするだけです。下線のついたノートのタイトル名がペーストされます。

これをタップすると、アプリ内でリンク元のノートに移動します。

ちなみに、パソコン(MacのEvernoteアプリ)で、このリンクをクリックするとアプリ内でページが移動します。

また、Mac(Safari)のWeb版のEvernoteで、このリンクをクリックするとWeb版のEvernote内でページが移動します。

2 外部リンクを作成する方法

あわせて、外部リンクの作り方も整理しておきます。

ノートリンク(内部リンク)と同様、リンク元にしたいノートの上部の人アイコンをタップします。

「他の共有オプション」から「Evernoteアプリ外で共有」をタップします。

そうすると共有先を選ぶ画面になりますので、ここでは、iOSの「メモ帳」を選んでみます。単純に「リンクのコピー」からリンクのURLをコピーすることもできます。

保存先を選び右上の保存をタップします。

「メモ帳」には、このように表示されます。

このリンクをタップするとEvernoteアプリが起動し該当のノートが表示されます。

ちなみに、パソコン(Mac)の「メモ帳」でこのノートを表示させ、リンクをクリックすると、Web版のEvernoteのリンク元のノートが開きます。(MacのEvernoteアプリが立ち上がり該当のノートが表示されるわけではありません)

3 おわりに

今まで、iPhoneでノートリンクを作成するときは「SmartEver」や、Macで作業をしていたので、ノートリンクをiOSのEvernoteアプリでできるのは、ありがたいです。

今後のEvernoteアプリのアップデートの方向性として、同期の速さはもちろんのこと、今回のノートリンクのようにパソコンのアプリと同等の機能を実装していってほしいです。(特にノートのマージ)


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事