Evernote

EvernoteでWebクリップするときの注意点

EvernoteでWebクリップしたら保存結果を確認することをオススメします。

というのは、私は以下の記事で書いたとおり、本ブログの過去記事を一気にEvernoteでWebクリップしました。約600記事です。

ブログの過去記事を「資産」としてEvernoteに保存する これまで本ブログの過去記事はEvernoteに保存していました。 自動的に保存するよう設定していた時期もありました。それがうまく...

MacのSafariで該当の記事を開き、ただひたすらEvernoteのWebクリップのボタンを押し続けていました。いちいち毎回保存結果なんて確認していられません。

で、やっと全て終わったぁと達成感を味わい無事終了。

数日後、Evernoteを開けてみたら、なんと、保存できていない記事があるではありませんか。約600記事のうち、約100記事がタイトルだけで本文が保存できていませんでした。

ただただショックでした。

仕方がないので、保存できていなかった100記事をWebクリップしなおしました。

そのとき気づきました。

本文が保存できていなかった記事には特定の広告があったのです。

ただ、特定の広告は1種類だけではありません。

しかもこれらの広告があった場合にうまく保存できないことはわかりましたが、他にないとは限りません。

よって防ぎようがありません。

そして、もう1つ。

当初、過去記事は全て「記事」でWebクリップしていました。

保存し直すとき、「簡易版の記事」でWebクリップしたら全てうまくいきました。

(「記事」と「簡易版の記事」の違いは以下のEvernoteの公式ページを参照してください。)

ということで、今回の一件と、これまでの知見も含めてEvernoteのWebクリップについて気をつけることを以下にまとめておきます。(私の環境だけかもしれませんので予めご了承ください)

  • iPhoneのEvernoteのWebクリップはうまく保存できないことがあるので、以下の記事のとおりInstapaper経由で保存した方がよい
  • MacのSafariでWebクリップするときは「簡易版記事」ならほぼ間違いなく保存できる
  • MacのSafariでWebクリップするとき「記事」で保存したいなら必ず保存結果を確認した方がよい
iPhoneのWebクリップは「Instapaper→Evernote」がキレイかつ実用的 iPhoneでWebクリップをどこに保存するかは、結構、迷走してきましたが、以下の以前の記事のとおり、Evernoteに落ち着きました...

EvernoteでWebクリップするときは、ぜひお気をつけください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事