Evernote

Evernoteにプレーンテキストでペーストする方法

Webページの文章をEvernoteに装飾のないプレーンテキストでコピペしたいことがあります。

基本的には、Evernoteにコピペするとリッチテキストになってしまうのですが、装飾のないプレーンテキストでペーストしたい場合はどうしたらよいのでしょうか。

iOSの場合

iPhoneやiPadのiOSアプリでは、Evernoteにプレーンテキストでペーストすることはできません。

普通にコピペすると装飾のついたリッチテキストになります。

試しに、下の画像のとおり、SafariでWebページの下線付きの文章をコピーしてみます。

それを、iOSのEvernoteアプリで新規ノートを開きペーストします。

すると、以下のように文字に装飾(下線)のついたリッチテキストになります。

ペースト時にプレーンテキストでペーストする機能はありませんので、リッチテキストになってしまうのは仕方がありません。

ただ、プレーンテキストでペーストしたい場合は、ペースト後、右上のメニューをタップし、「スタイルの削除」をタップし(画像左)、「プレーンテキストにする」をタップ(画像右)すれば、プレーンテキストになります。

こんな感じでプレーンテキストになりました。

iOSのEvernoteアプリで、プレーンテキストでコピペしたい場合は、いったん、ペーストしてから、このようにプレーンテキストに変換すればよいでしょう。

iPad OSの場合

iPad OSの場合はどうでしょうか。

さきほどと同じようにSafariでWebページの下線付きの文章をコピーします。

それを、SafariでWeb版のEvernoteを開き、新規ノートにペーストします。

すると、以下の画像のとおりプレーンテキストでペーストされます。iOSアプリと違い、普通にペーストするだけで、プレーンテキストでペーストできるのです。

逆にいうと、リッチテキストでのペーストはできないようです。

ただ、Webページの画像も含めてコピペしてみると、画像はペーストされます。

Macの場合(アプリとWeb)

次にパソコンではどうでしょうか。

MacのEvernoteアプリと、Web版(Safari)のEvernoteで試してみます。

アプリ

前述のようにWebページの下線のついた文章をコピーします。

Evernoteアプリの新規ノートにペーストします。

ここで、 Command+「v」でペーストすると、装飾のついたリッチテキストでペーストされます。

ただ、Evernoteアプリの場合、Command+Shift+「v」でペーストすると、プレーンテキストでペーストすることができます

Web

Web版のEvernoteでは、iPad OSと同様、プレーンテキストでペーストされます。

まとめ

まとめると、Evernoteにリッチテキストでペーストしたい場合、

  • iOSアプリの場合は、普通にペースト(リッチテキストになる)して、その後、メニューの「スタイルの削除」でプレーンテキストにする、またはiPad OSの場合はWeb版でペーストする
  • MacのEvernoteアプリの場合は、Command+Shift+「v」でペーストする
 

ということです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事