Evernote

Evernoteにプレーンテキストでペーストする方法

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

Webページの文章をEvernoteに装飾のないプレーンテキストでコピペしたいことがあります。

基本的には、Evernoteにコピペするとリッチテキストになってしまうのですが、装飾のないプレーンテキストでペーストしたい場合はどうしたらよいのでしょうか。

iOSの場合

iPhoneやiPadのiOSアプリでは、Evernoteにプレーンテキストでペーストすることはできません。

普通にコピペすると装飾のついたリッチテキストになります。

試しに、下の画像のとおり、SafariでWebページの下線付きの文章をコピーしてみます。

それを、iOSのEvernoteアプリで新規ノートを開きペーストします。

すると、以下のように文字に装飾(下線)のついたリッチテキストになります。

ペースト時にプレーンテキストでペーストする機能はありませんので、リッチテキストになってしまうのは仕方がありません。

ただ、プレーンテキストでペーストしたい場合は、ペースト後、右上のメニューをタップし、「スタイルの削除」をタップし(画像左)、「プレーンテキストにする」をタップ(画像右)すれば、プレーンテキストになります。

こんな感じでプレーンテキストになりました。

iOSのEvernoteアプリで、プレーンテキストでコピペしたい場合は、いったん、ペーストしてから、このようにプレーンテキストに変換すればよいでしょう。

iPad OSの場合

iPad OSの場合はどうでしょうか。

さきほどと同じようにSafariでWebページの下線付きの文章をコピーします。

それを、SafariでWeb版のEvernoteを開き、新規ノートにペーストします。

すると、以下の画像のとおりプレーンテキストでペーストされます。iOSアプリと違い、普通にペーストするだけで、プレーンテキストでペーストできるのです。

逆にいうと、リッチテキストでのペーストはできないようです。

ただ、Webページの画像も含めてコピペしてみると、画像はペーストされます。

Macの場合(アプリとWeb)

次にパソコンではどうでしょうか。

MacのEvernoteアプリと、Web版(Safari)のEvernoteで試してみます。

アプリ

前述のようにWebページの下線のついた文章をコピーします。

Evernoteアプリの新規ノートにペーストします。

ここで、 Command+「v」でペーストすると、装飾のついたリッチテキストでペーストされます。

ただ、Evernoteアプリの場合、Command+Shift+「v」でペーストすると、プレーンテキストでペーストすることができます

Web

Web版のEvernoteでは、iPad OSと同様、プレーンテキストでペーストされます。

まとめ

まとめると、Evernoteにリッチテキストでペーストしたい場合、

  • iOSアプリの場合は、普通にペースト(リッチテキストになる)して、その後、メニューの「スタイルの削除」でプレーンテキストにする、またはiPad OSの場合はWeb版でペーストする
  • MacのEvernoteアプリの場合は、Command+Shift+「v」でペーストする
 

ということです。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事