Evernote

EvernoteのiOSアプリでタグを使いやすくするための工夫

以前、本ブログで連載した「今どきのEvernoteの使いみち」の最後の記事(以下)で、ノートブックとタグをシンプルにしたいと書きました。

整理のための整理に終わらせない「Evernoteの整理」 〜「今どきのEvernoteの使いみち」の連載を終えて②〜 さまざまなノート系アプリや情報整理系アプリがある中、Evernoteを10年以上使い続けている私がEvernoteを何にどう使っている...

これまで、タグについては、かなり雑多で、かなりの数ありました。

それを、ゼロベースから考えて、必要最小限に厳選したのですが、どうしても減らせないもがありました。

それは、以下の記事で買いた、旅行ログに関するノートに付けている「日付+旅行先名」のタグと、料理のレシピのノートにつけている材料のタグでした。

準備も含めて旅行の全てを保存する 〜「今どきのEvernoteの使いみち」Vol.3 旅行ログ〜 さまざまなノート系アプリや情報整理系アプリがある中、Evernoteを10年以上使い続けている私がEvernoteを何にどう使っている...
材料から検索できる料理レシピ集をEvernoteで作る 〜「今どきのEvernoteの使いみち」Vol.6 料理のレシピ〜 さまざまなノート系アプリや情報整理系アプリがある中、Evernoteを10年以上使い続けている私がEvernoteを何にどう使っている...

これらのタグの数が多いため、せっかく厳選して整理した他のタグが埋もれてしまうのです。

パソコン(Mac)のEvernoteであれば、タグを階層化できるため、それほど問題はありません。

ただ、iOSのEvernoteはタグの階層化ができないため、タグが埋もれます。

ノートにタグをつけたいときや、タグでフィルタをかけるとき、せっかくタグを厳選したのに、上記の2つのタグの多さのせいで、タグを選びやすくなっていないのです。

「日付+旅行先名」のタグは、前に数字(日付)がついていることから固まって表示されるので問題ないのですが、材料タグはそうもいきません。タグ一覧のあちこちに出てきます。

そこで、タグの種類ごとにすべて記号をつけることにしました。記号をつければ、その記号ごとに固まって表示されます

しかも、次のサイトのとおり、記号の種類を使い分ければ、つけるタグで順番も制御できます。

よく使うタグを上の方に並べることができるのです。

これで、ノートにタグをつけるときや、タグでフィルタをかけるときにタグを選びやすくなりました。

「日付+旅行先名」のタグと材料タグは、一覧の下の方に表示されるようにして、よく使うタグほど、上に並ぶようにしました。

iOSのタグ一覧はわかりづらいので、MacのEvernoteのタグ一覧を参考に紹介します。

一見、多く見えるかもしれませんが、真ん中より右は旅行タグと材料タグで機械的に増えていくもので、それほど整理は要しません。問題は、真ん中より左のタグで、これらは意識しないとどんどん増えていくので、これくらいを上限にしています。(以前は、これの3倍以上はありました。)

改めて、Evernoteはノートブックとタグの2軸で整理できるのが1つの強みだと思いますので、これを活かすにはノートブックだけでなく、タグを使いこなすのが大事だと思います。

肝は、定期的なメンテナンスと、いかに使う頻度の低くなったノートブックとタグを見直し、頻度の高いノートブックとタグにアクセスしやすくするかです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事