知的生産

手間なく蔵書を管理する私のKindle本の管理方法

最近は、本の購入はほとんどがKindle本です。電子データですので本棚のスペースの問題はありませんが、その分、どんどん増え続け整理がままならないという心配もあります。

そこでオススメなのが、以下の記事で書いた「日本十進分類法」という分類法です。

あわせて読みたい
Kindle本の整理にオススメな分類法ここ数年、本を買うときは、ほとんどがKindle本です。 本が自宅の本棚に入りきらないという理由もありますが、読後の活用がKindleの...

「日本十進分類法」とは、図書館で見かける、例えば、「100 哲学」「200 歴史」といった数字で分類する分類方法です。

約1年前からこの分類法を取り入れて、それ以降は蔵書の管理がうまくいくようになりました。

本記事では、私がKindle本を購入してからこの分類法で分類するまでの一連のKindle本の管理方法について紹介します。

1. Kindle本購入メールからメディアマーカーへの登録

私は、Kindle本だけでなく紙の本も含めて「メディアマーカー」というWebベースのサービスを使って蔵書管理をしています。

メディアマーカーは、未読の本の管理や、引用や感想などを登録することもできるため大変便利です。

メディアマーカーとは、本や雑誌、CD、DVD、アマゾン取扱品、アプリなどを一括管理できるWeb上のサービスです。(無料)例えば、本であれば購入日や読了日、メモ、引用などを記録でき、EvernoteやTwitterなどと連携させることもできます。

購入したKindle本を、この「メディアマーカー」にいかに手間なく登録するかですが、私は次の方法で登録しています。

Kindle本を購入するとAmazonからメールが送られてきます。(下の画像はGmailの受信画面)メールは、1日1回チェックをしているので、そのときAmazonから送られてきたメールから該当のKindle本をタップしてAmazonの書籍ページにいきます。

そこでメディアマーカーのブックマークレットをブラウザから発動し、購入した本をメディアマーカーに登録します。ブックマークレットは、ボタン一つでAmazonの該当の書籍ページからメディアマーカーに登録できるので大変便利です。

ブックマークレットの登録は以下のページを参照してください。

メディアマーカー – メディア登録方法 / ブックマークレット機能を使う(お気に入り登録)

この方法であれば登録忘れもないし、手間なく登録できます。ちなみに、紙の本は買ったらすぐに登録するようにしています。

2. Kindleアプリでの整理

次にKindleアプリを起動します。

Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

すべてのアイテムを表示させた画面で該当の本を長押しすると「コレクションに追加」というメニューが表示されるため、これを選択します。これは、Kindle本をダウンロードしていなくても可能です。

すると登録されているコレクション名が表示されるため、該当のものを選択します。(コレクションはタグのように複数選択可能です。)

このコレクションは、前述した以下の記事で書いたように「日本十進分類法」にもとづき作成してKindle本を整理しています。

あわせて読みたい
Kindle本の整理にオススメな分類法ここ数年、本を買うときは、ほとんどがKindle本です。 本が自宅の本棚に入りきらないという理由もありますが、読後の活用がKindleの...

3. 読後のプチレビュー

読後は、メディアマーカーにプチレビューを書いて、あとで簡単に振り返ることができるようにしてます。

そして、以下の記事で書いたとおり、読書ノートを作っています。

あわせて読みたい
10年間「読書ノート」が続いている私のEvernoteを使った読書ノートの作り方前回の以下の記事で書いたとおり、読書ノートを約10年続けているのですが、使うツールはアナログのノート→Evernote→WorkFlow...

4. おわりに

書籍の整理は結構手間です。やろうとしてもなかなか手がつけづらいのですが、今回ご紹介した方法であれば、その都度整理できるので、あとでまとめてする必要はありません。その都度といっても大して時間はかかりません。

私は隙間時間にiPhoneでやっています。

前述したブックマークレットはiPhone(Safari)でも発動できますし、KindleアプリもiPhoneで整理可能です。

ちょっとした意識と工夫で蔵書の管理は可能です。蔵書が整理されているのか、カオスになっているのかでは、あとで読み返すモチベーションが違ってきます。

メディアマーカー」とKindleアプリを使った蔵書の管理はオススメです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。