Evernote

WorkFlowyの更新分をEvernoteへ自動転送することで「ポケット1つ原則」を実現する

WorkFlowyは、更新した内容を翌日にメールで送ってくれる機能があります。

以前は、そのメールをGmailで受信してEvernoteに自動転送させていた時期もあったのですが、Evernoteを軽くしたいと思い、やめていました。

1 WorkFlowyの更新データを自動でEvernoteに送り「ポケット1つ原則」を実現

最近、その自動転送を復活させました。

というのは、以前の以下の記事で書いたとおり、WorkFlowyはiPhoneやiPadの「Spotlight」での検索対象に含まれません。

Spotlightで串刺し検索できれば「ポケット1つ原則」は考えなくてもよいのか? 1 Spotlight で「ポケット1つ原則」は不要になったのか? デジタルの場合、複数の保存場所を串刺し検索できれば、「ポケッ...

よって、Evernoteに転送することで、自分の知的生産にかかる情報は「ポケット1つ原則」を徹底させたかったのです。以前も同じ考え方でEvernoteに転送させていたので、元に戻したということです。

WorkFlowyの情報をEvernoteに集約させることで、私の知的生産にかかる情報の大半はEvernoteとUlyssesに入っています。あと、Dynalistに少しあるくらいです。

2 WorkFlowyの更新データをEvernoteに自動転送する方法

さて、WorkFlowyのデータをEvernoteに転送する方法ですが、以下に紹介します。

ただし、Evernoteへのメールの転送機能は有料プランのみとなります。

(1)WorkFlowyでの設定

次の画像のとおり、WorkFlowyの設定を開き「Other」の「Send email…(略)」をオンにします。(画像はWorkFlowyのiOSアプリ)

これでWorkFlowyに登録してあるメールアドレスあてに更新分のデータが毎日送信されます。

(2)Gmailでの設定

私はGmailで受信していますので、Gmailでの設定方法になりますが、以下の公式ヘルプを参照してください。

Gmail のメールを他のアカウントに自動転送する – Gmail ヘルプ

転送先のアドレスはEvernoteのアドレスに設定します。

Evernoteのメールアドレスは、iPhoneアプリの場合、次の画像のとおり、設定>Evernote転送用メールアドレスから確認できます。

(3)Evernoteでの振り分け

Gmailから転送されて作成されたノートはEvernoteの既定のノートブックに保存されます。

私は、それを「WorkFlowy Log 」というノートブックに保存していますが、自動で既定のノートブックから移動させることができます。

その方法は、まず、EvernoteのWeb版を開きます。

アカウント>個人設定>自動フィルタリングから「メール転送で作成されたノートの保存先やタグを自動提案します」にチェックを入れます。

あとは、何度か手動で振り分ければ、そのうち勝手に同じように振り分けてくれるようになります。(私は自動で振り分けてくれるようになるまで1週間くらいかかりました。)


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事