WorkFlowy

夏休みや冬休みのレジャーは「WorkFlowy」で検討して「Dynalist」に検討過程の材料を残すとよい

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

何度か本ブログで紹介していますが、私は「WorkFlowy 」を思考の作業場として使っています。

「WorkFlowyは思考の作業場である」の意味は「考えるを深める場」と「情報を整理する場」ということ 何かを考えようと思ったらまずはWorkFlowy を立ち上げます。iPhoneならHandyFlowyです。 以前の以下の記事で書...

そして、思考を終えたデータは、アウトラインのままデータ移動しアウトラインのまま見ることができるメリットを活かして「Dynalist」に保存しています。

WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)2ヶ月ほど前から、アウトライナーの「Dynalist」を使い始め、2016年から使っている「WorkFlowy」との使い分けを試していま...

実は、この仕組みが夏休みや冬休みのレジャーを考える上で役立ちます。

私は子どもたちと行く家族レジャーを企画する役割なのですが、行き先を考えるとき、当然、いくつか候補を考え、書き出します。関連のネットのページを見ます。それらをWorkFlowyに記しておきます。WebページであればURLを書いておきます。

その候補から実際の行き先を絞るわけですが、絞った後は、WorkFlowyでさらに詳細な予定などを書き込んでいきます。

『WorkFlowyの使い方レシピ』#21 レシピ13 「旅行の計画」先日、旅行の工程を考えるときに「WorkFlowy」を使ってみたら大変便利だったので、その使い方を紹介したいと思います。 以前、本ブロ...

候補のうち漏れた行き先の情報は、前述のとおり思考を終えたデータの扱いとし、Dynalistへ移動させます。

さて、来年の夏休みや冬休み。

また、レジャーの行き先を考えるわけですが、1年前に候補になったが惜しくも落ちた候補をDynalistを見ればわかります。

ある程度調べたメモが残っていれば調べ直す手間が省けます。この候補とメモが残っているとかなり助かります。

思考の過程といえば、少し大げさかかもしれませんが、レジャー先を決める過程の材料を残しておけば次回の行き先を考えるときに役立つというわけです。

だったら、わざわざDynalistに移動させずWorkFlowyに残しておけばいいではないかと、思うかもしれません。それは、WorkFlowyのデータを軽量に保ち日々思考の場としてWorkFlowyをレスポンスよく使いたいから、Dynalistと使い分けをしているのです。

WorkFlowyとDynalistの使い分け(試行中)2ヶ月ほど前から、アウトライナーの「Dynalist」を使い始め、2016年から使っている「WorkFlowy」との使い分けを試していま...

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事