Apple Watch

Apple Watchで西暦と和暦の変換をすぐに確認する方法

西暦と和暦の変換ってすぐにできますか?

昭和元年は、西暦何年?

昭和64年は?令和元年は?

1989年は、昭和?平成?何年?

2019年は、平成何年?

私はいつも困惑してしまいます。

日頃、こういった変換が必要になる場面がないのであれば、それほど問題ないかもしれませんが、私は仕事で必要になることがたまにあります。

そこで、この変換を手元のApple Watchですぐにできる小ネタを紹介します。

iPhoneであれば、西暦と元号が一覧になったアプリがあるのですが、Apple Watchには残念ながらありません。(私の確認した限りですが)

西暦・和暦・年齢・干支早見表
西暦・和暦・年齢・干支早見表
開発元:Shigeyuki Hamamoto
無料
posted withアプリーチ

そこで、私はノートアプリ、普段はEvernoteを使っていますが、以下の記事で紹介したとおり今はEvernoteが使えないためTextwellに西暦と和暦の一覧を保存し、すぐに確認できるようにしています。

Apple WatchのEvernoteアプリの代替としてのメモアプリに何を使うか Evernote for iOSがバージョン10にアップデートされたことに伴い、Apple Watchの Evernoteアプリが使え...

Apple Watchの文字盤でTextwellをタップすると、すぐにノート(下記の画像)が表示されるため、こういった備忘録的なメモを残しておくと便利です。

ちなみに、Apple WatchでSiriを起動して「昭和元年は、西暦何年?」と聞いても確認できますが、なかなか人前だと難しいのが現状です。

また、この方法は、西暦と和暦の変換以外にもいろいろ使い道はあると思いますので、ご自分のニーズに合わせて試してみてください。

ちょっとした備忘録はApple WatchのEvernoteが便利!〜WorkFlowyとDynalistのショートカットキーをすぐに確認〜 WorkFlowyやDynalistをiPad miniとMagic Keyboardの組み合わせで使うことがたまにあるのですが、よく...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働き家庭のサラリーマンパパ。現在、小学生と中学生の子育てに奮闘中。 本ブログは、「デジタルツールを活用したライフハックと知的生産のある暮らしを追究するブログ」です。iPhone、iPad、Apple Watchなどのデバイスや、WorkFlowyEvernoteUlyssesTaskuma(たすくま)Draftsなどのアプリに関する記事が多めです。
関連記事