Apple Watch

Apple Watchの購入や買い替えに迷ったら読んでほしい

いよいよApple Watch Series 6の発売日が噂ではありますが迫ってきていますね。9月なのか10月なのか正確なところはわかりませんが、Series6もしくはそれ以前のSeriesのApple Watchの購入を迷っている方は、そろそろ本格的に検討に入った方がよさそうです。

そこで、2年前に散々迷った挙句Apple Watchを購入した私が、Apple Watch購入の検討のポイントをあげてみますので、ぜひ参考にしてください。

と、その前にまずは、Series6の最新の噂を簡単にまとめておきます。

1 Apple Watch Series6の噂

細かいところはさておき、Series6で実装されると噂されている機能のうち私が気になった内容は次のとおりです。

  • デザインは現行モデルと同じか?
  • 指紋認証のTouch IDを搭載?
  • バッテリーの向上?
  • 耐水性能の向上?
  • ストレスや過呼吸の検出が可能?
  • 血糖値の測定が可能?

他にもいろいろ噂はありますが、どれも正確なところはわかりません。

ちなみに、睡眠状態を測定する機能は、Apple Watch Series6 限定の機能ではなく、watchOS7の機能となるようです。

2 Apple Watchの購入や買い替えに迷うときの検討ポイント

では、Apple Watchを買うのか買わないのか。すでにApple Watchを持っている場合は買い替えるのか、買い替えないのか。

(1)買い替えのポイント

まず、買い替えについて、自分自身の結論から言うと、私は現在Series5を持っていますが、Series6への買い替えは予定していません。

というのは、Series6に実装される予定の機能で買い替えるほどに魅力を感じるものがないからです。パスコードロックの解除は、Apple Watchの場合、それほど頻繁にあるわけではありませんし、バッテリーも今のところ毎日充電すれば不都合はありません。ストレスや過呼吸の検出、血糖値の測定など健康に関する機能アップは、もちろんあったほうがいいですが、買い替えるほどではありません。

今回、私が思う買い替えのポイントは「常時表示」だと思います。

Apple Watchの画面の常時表示が実装されたのは、Series5からです。常時表示が実装されたことで、チラッと時刻の確認ができるようになりました。これで、私はようやくApple Watchが普通の時計を超えることができたと思っています。

Apple Watchはseries5でようやく時計を超えたと実感 私は2018年12月に当時の最新モデルだったApple Watchのseries4を購入したものの、1年も経たない翌年の9月にseri...

この常時表示が実装される前のSeries4以前をお持ちであれあば、今回、買い替えの機会としてもいいのではないかと思います。常時表示の機能は本当に便利です。というか、繰り返しになりますが、Apple Watchが普通の時計を超えたと言えます。

ただ、もし、Series6が発売されたとき、 Series5との価格差がどれだけあるかわかりませんが、それによってはSeries5を選択した方がよい場合もあるかもしれません。

(2)新たに購入するかどうかのポイント

次に、今、Apple Watchをお持ちでない方が新たに購入するかどうかについて、検討した方がよいと思われるポイントをあげてみます。

a 本当に高いのか

Apple Watchは高い。

多くの方がそういう感想を持っているのではないかと思います。

確かに、安価だとは言いませんが、金額の多寡の判断は自分自身がどれだけApple Watchの便利さに価値を見出せるかだと思います。

なにせ毎日身につけるものです。そこにある程度の金額を投入するのは、ある意味、効率的なお金の使い方だと思います。詳しくは、以下の記事を参照してください。

「Apple Watch」は本当に高いのか 〜購入に迷ったときの判断ポイント〜 Apple Watchは高い、というイメージがありませんか? 最新のApple Watch series5は、47,080円(税...

b Apple Watchは便利なのか

そもそも、Apple Watchは便利なのか。

何ができるのか。

そこを深く知らずして、前項の高いか安いかも判断できませんし、買っても使いこなせるかどうかわかりません。

購入前に、Apple Watchで何ができるのか、自分ならどう使うかは、しっかり押さえておいた方がよいかと思います。

私自身が購入前にApple Watchで何ができるのかを知りたかったのですが、当時、まとまった情報がなく残念な気持ちがありました。そこで、ごく一般的なサラリーマンの私の使い方として、Apple Watchで何ができるかをまとめた本を出版しましたので、ぜひ、ご覧ください。

有料で恐縮ですが、Apple Watchを購入して高い買い物をしてしまったと後悔するよりは、先に本をご覧いただいた方がリスク回避ができるかもしれません。

■本書の目次

  • 第1章 起床から出勤時に使えるApple Watch
  • 第2章 仕事中に使えるApple Watch
  • 第3章 退社から就寝時に使えるApple Watch
  • 第4章 便利に使うためのちょっとした工夫
  • 第5章 購入前に知りたかったささやかな疑問

c 充電は面倒なのか

結論から言うと、私は生活の中で充電するタイミングが習慣になれば、まったく面倒だとは思いません

ということで、充電は2日くらいもつかもしれませんが、私は毎日決まったタイミングで充電をしています。

入浴時には、Apple Watchをはずすので、そのときに充電しています。毎日、それを繰り返していれば、すぐに習慣になり、全く苦にはなりません。入浴して着替えを終えたら、充電は100%になっています。

d 寝るときにつけるのか

私は毎日つけて睡眠状態を計測しています。今は、サードパーティ製のアプリで計測していますが、watch OS7からは、Apple Watchのデフォルトの機能として計測ができるようになります。

当初は、寝るときくらい時計は外すでしょ、と思っていたいのですが、バンドにもよるかもしれませんが、つけて寝てもまったく違和感はありません。

ただ、こればっかりは、やってみないとわからないと思いますので、もしApple Watchを買って、つけて寝るのに違和感を感じれば、無理してつけて寝る必要はありません。

e 常時表示は必要か

私は冒頭でも書きましたが、かなり迷ってApple Watchの購入にいたりました。

しかも、初めてのApple WatchはSeries4だったのですが、時刻のチラ見ができなかったことに不便を感じ、1年も満たないタイミングでSeries5に買い換えました。

ということで、私はApple Watchを購入するなら、絶対にチラ見をしないというなら別ですが、常時表示ができるSeries5以上を強くオススメします。

Apple Watchはseries5でようやく時計を超えたと実感 私は2018年12月に当時の最新モデルだったApple Watchのseries4を購入したものの、1年も経たない翌年の9月にseri...
Apple Watchを購入する前に知りたかったささやかな疑問2018年12月に「Apple Watch 4」を購入しました。 Apple Watch Series 4 44mm グレイアル...

3 おわりに

どれだけ悩んでも、実際にApple Watchをつけて生活してみないとわからない。身もふたもない言い方ですが、結局、そういうことではないでしょうか。

時計は、毎日、つけるものです。生活に直結するアイテムです。そこを見直すのは、よりよい生活の近道です。チャレンジしてみてもいいところだと思います、チャレンジしてみて初めてわかることもあると、Apple Watchを迷って購入した者のひとりとして思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事