Apple Watch

Apple Watchはseries5でようやく時計を超えたと実感

私は2018年12月に当時の最新モデルだったApple Watchのseries4を購入したものの、1年も経たない翌年の9月にseries5に買い替えました。

買い替えた1番の理由は、series4は時刻が常時表示されないので、時計として不便だったからです。

単純に時計としての機能を果たせていなかった、ということです。

当然、購入するときにはわかっていたことですが、実際、使ってみると、チラッと腕を見て時刻を確認したいときに時刻が表示されないというのは、かなりのストレスです。

特に仕事中、会議や打ち合せ、人前で話すときなど、じこくをチラ見したいときは結構あるものです。

series4を使って1年も経っていなかったので、買い替えるときは、もの凄く迷いましたが、series5にして正解だったと、series5を半年近く使って実感しています。

チラッと腕を見て時刻を確認できる。

時計としては当たり前なのですが、それができるようになったApple Watchは、ようやく時計を超えるツールになったと、確信しました。

本当の意味で時計を超えた、と実感を込めて言えるようになった気持ちです。

series5の画面の常時表示の機能により、電池の心配の声をよく聞きますが、私は、入浴中に充電し、寝るときはシアターモードにしておく、という生活サイクルで途中で電池が切れるなどの不都合が生じたことはありません。

また、Apple Watchで何ができるのか、という声をよく聞きますし、自分も購入する前はそういう気持ちだったので、いちユーザーとして以下の拙著を書きました。

これをお読みいただければ、Apple Watchで何ができるかイメージを持っていただけると思うのですが、そもそもseries5になって確実に言えるのは、普通の時計より便利でないはずがない、ということです。

series4までは、時刻のチラ見ができないということで、そうは言えませんでしたが、series5は間違いなく、時計を超えた、時計より便利なツール、と言えます。

毎日、腕にはめている時計。

これが便利になる、ということはダイレクトに生活の中に便利さが広がる、ということでもあります。

Apple Watch series5、オススメです!


Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド – S/M & M/L

Apple Watchに興味があるけど、高いんだよなぁ、という感じたのであれば、ぜひ、以下の記事もご覧ください。

「Apple Watch」は本当に高いのか 〜購入に迷ったときの判断ポイント〜 Apple Watchは高い、というイメージがありませんか? 最新のApple Watch series5は、47,080円(税...

Apple Watchで何ができるかイメージできない場合は、以下の本もご参考に。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事