Apple Watch

「Audible」はApple Watchで10秒早送りと巻き戻しができるので便利

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

毎朝、オーディオブックで読書をしています。

オーディオブックは、以下の拙著でも書いたとおり、歩きながらや運転しながらなど、「ながら読書」ができるので、多忙な方にはオススメなツールです。

ただ、悩ましいのが、Audibleを使うか、audiobook. jpを使うか。

以前、両者を比較した記事を書きましたが、今のところ、私は併用しています。

Audibleとaudiobook. jpの併用で毎日の通勤が楽しくなる 以下の拙著でも紹介しましたが、私は少しでも効率的な知的生活を送りたいため、通勤中の電車の中では読書をし、駅間の移動時などの徒歩のときは...
小説における「audiobook. jp」と「Audible」の比較 「audiobook. jp」と「Audible」は、何が違うのか。どちらがよいのか。 Googleで検索すれば、比較しているサ...

でも、最近気づいたのですが、Apple Watchを持っている方は、断然、Audibleの方が便利です。

というのは、Audibleで聴いているとき、Apple Watchでは、次の画像のように表示されますが、この画面で10秒早送りと巻き戻しができます。

歩きながらや運転しながらオーディオブックを聴いてると、たまに聴き逃すことがあるので、手軽に10秒早送りと巻き戻しが手元で操作できるのは大変重宝します。

一方、audiobook. jpで聴いているときには、Apple Watchでは、次の画像が表示され、Audibleのように10秒早送りと巻き戻しはできません。かわりにチャプターの移動の操作ができます。

おそらく使う頻度が高いのは、10秒早送りと巻き戻しの機能だと思いますので、Apple Watchでの操作のことだけを考えるとAudibleが便利です。

とはいっても、対象本の違いやプランの金額の違いなどもありますので、どちらを使うかはなかなか難しいところです。私は、いまだ、併用中です。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事