Apple Watch

「Audible」はApple Watchで10秒早送りと巻き戻しができるので便利

毎朝、オーディオブックで読書をしています。

オーディオブックは、以下の拙著でも書いたとおり、歩きながらや運転しながらなど、「ながら読書」ができるので、多忙な方にはオススメなツールです。

ただ、悩ましいのが、Audibleを使うか、audiobook. jpを使うか。

以前、両者を比較した記事を書きましたが、今のところ、私は併用しています。

Audibleとaudiobook. jpの併用で毎日の通勤が楽しくなる 以下の拙著でも紹介しましたが、私は少しでも効率的な知的生活を送りたいため、通勤中の電車の中では読書をし、駅間の移動時などの徒歩のときは...
小説における「audiobook. jp」と「Audible」の比較 「audiobook. jp」と「Audible」は、何が違うのか。どちらがよいのか。 Googleで検索すれば、比較しているサ...

でも、最近気づいたのですが、Apple Watchを持っている方は、断然、Audibleの方が便利です。

というのは、Audibleで聴いているとき、Apple Watchでは、次の画像のように表示されますが、この画面で10秒早送りと巻き戻しができます。

歩きながらや運転しながらオーディオブックを聴いてると、たまに聴き逃すことがあるので、手軽に10秒早送りと巻き戻しが手元で操作できるのは大変重宝します。

一方、audiobook. jpで聴いているときには、Apple Watchでは、次の画像が表示され、Audibleのように10秒早送りと巻き戻しはできません。かわりにチャプターの移動の操作ができます。

おそらく使う頻度が高いのは、10秒早送りと巻き戻しの機能だと思いますので、Apple Watchでの操作のことだけを考えるとAudibleが便利です。

とはいっても、対象本の違いやプランの金額の違いなどもありますので、どちらを使うかはなかなか難しいところです。私は、いまだ、併用中です。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事