Apple Watch

Apple Watchの「日付」をタップするとカレンダーを表示できる

タイトルですべて言い切っていますが、すでに知っている方にとっては何でもない小ネタです。

ただ、私は最近気づきました。

Apple Watchを2年以上も使っているのに…。

ということで、Apple Watchユーザーでも知らない方も多いのでないかと思い、記事にしました。

まず、私が愛用しているインフォグラフモジュラーの文字盤。

インフォグラフモジュラーを選ぶとデフォルトで設定されている右上の「日付」をタップします。

すると、なんと、カレンダーが表示されるではありませんか。

間違ってタップしたときに気づいたのですが、思わず声をあげそうになるくらい嬉しかったです。

というのは、Apple Watchのカレンダーは意外に使えます。

月間表示が当月のみというのは不便ですが、手元でメモを確認できるのは便利です。

月間表示は当月のみです。

メモが表示されるのは便利です。

しかもカレンダーアプリは1週間分表示できますので、先の予定やメモを確認することができます。

ちなみに、インフォグラフモジュラー以外の文字盤でも、コンプリケーションの設定で「日付」を配置した場合は、日付をタップすればカレンダーが表示できます


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働き家庭のサラリーマンパパ。現在、小学生と中学生の子育てに奮闘中。 本ブログは、「デジタルツールを活用したライフハックと知的生産のある暮らしを追究するブログ」です。iPhone、iPad、Apple Watchなどのデバイスや、WorkFlowyEvernoteUlyssesTaskuma(たすくま)Draftsなどのアプリに関する記事が多めです。
関連記事