iPad

iPad(第7世代)からiPad Air(第4世代)に買い替えようと思っている理由

先日、2020年9月15日のAppleイベントでiPad Air(第4世代) とiPad(第8世代)が発表されましたね。

iPad Air(第4世代) はPro化、iPad(第8世代)はコスパ最高、とどちらも魅力的です。

発売は10月ですが、私はiPad Air (第4世代)を買おうか迷っています。正確に言えば、購入に傾むきかけています。

同じように迷っている方もたくさんいらっしゃると思いますので、私の傾きかけている気持ちを紹介することで、あなたの決断によい影響があればと思います。

1 購入を迷う理由

購入を迷う理由は、ズバリ、iPad(第7世代)のWi-Fiモデルを持っていて、それほど不満はないからです。

でも、iPad Air (第4世代)をほしくなるのは、それほど不満はないにしても、もうちょっとだけ便利さを求めたいからです。

具体的には、今使っているiPad(第7世代)には、次の3つの不満、いや不満は言い過ぎかもしれません。贅沢な願望、といったニュアンスです。

  1. 画面の反射なく読書をしたい
  2. Apple Pencil を本体にくっつけて収納したい
  3. セルラーモデルにしてストレスなくネットにつなげたい

1つ目については、一応、以下のシートを貼ることで反射はなくなりましたが、シート自体があまり好きではないので、本体にシートがはってある状態が心地よくありません。

2つ目については、以下の記事のとおり、iPad(第7世代)で試してみましたが、うまくいきませんでした。

iPadとSmart Keyboardに第1世代Apple Pencilをくっつけて持ち運ぶにはどうしたらよいか 〜KINGONE タッチペンのレビュー〜 第1世代のApple Pencilの収納って悩みませんか? 第2世代のApple Pencilは iPad Proにくっつき、...

3つ目については、今はiPhoneのテザリングやスタバのWi-Fiを使うことが多いのですが、iPhoneの電池の消耗、テザリングやWi-Fiにつなぐ煩わしさ、携帯の契約の通信制限などがあり、いっそのことセルラーモデルにしたいという気持ちが強くなっています。

ただ、これらは、前述のとおり、不満とまでは言えず、できればそうしたい、また、財布が許せばそうしたい、という贅沢な願望であり、さらに、iPad Air(第4世代)を買えばいいというだけの問題ではありません。

というのは、今、iPadは、Smart KeyboardとApple Pencil(第1世代)をセットで使っていますので、iPad Air(第4世代)を買うなら、これらのアクセサリーも書い直さなければいけません。iPad Air(第4世代)は、Smart Keyboard Folio、Apple Pencil(第2世代)に対応しているからです。

総額123,310円。(税込)

パソコン買えるやんと突っ込みたくなる金額です。

  • iPad Air 4 (セルラーモデル64GB):85,580円(税込)
  • Smart Keyboard Folio:21,780円(税込)
  • Apple Pencil(第2世代):15,950円(税込)

しかも、仕事で使うわけではなく、読書やブログを書くのがメイン、完全なる趣味。

だから迷う。

2 iPad Air(第4世代)に買い換えたい理由

迷うけど、欲しいといえば欲しい。

買わなくても特別困るわけではないけど、欲しいといえば欲しい。

iPad Air 4 (セルラーモデル)を購入すれば

  • 画面に反射防止コーティングがされているので読書が快適になる(と思う)
  • Apple Pencilを本体にくっつけて収納と充電ができる
  • ネットにつなげるのが煩わしくない

今のiPad(第7世代)よりも快適になるのは間違いないんです。

ただ、それが12万円を出すほどの価値があるか、ということ。あと、今使っているiPad(第7世代)とSmart Keyboardの使い道がなくなりもったいない。

あと、少し気になるのが、Smart Keyboard Folioは、Smart Keyboardと違い本体の背面を覆うのですが、取り外ししづらくないのか。

というのは、毎朝、読書で使うときは外すので、外しやすさは重要なのです。あと、Smart Keyboardより少し重いんですよね。

  • Smart Keyboard(10.5インチ用) 220g
  • Smart Keyboard Folio(11インチ用) 295g

ここは少し気になります。

うーん、迷う。

ちなみに、他にも以下のようにスペックは上がっています。

  • 電源キーに内臓されたTouch ID
  • Magic Keyboard対応
  • 画面が広い(10.9インチの狭小ベゼルデザイン)
  • チップがA14 Bionic(iPadProより高性能)
  • ポートはUSB-C
  • カラーが豊富(ブルー、グリーン、レッド、シルバー、ブラック)

あと、サイズと重さはこんな感じで、今のiPad(第7世代)よりも薄く軽くなっています。

  • サイズ:247.6×178.5×6.1mm
  • 重さ:Wi-Fiモデル 458g、セルラーモデル 460g

ただ、それよりも前述の3点がクリアになることが私にとっては大事で、そこに資金を投入するかが考えどころです。

3 整備済製品のiPad Air(第3世代)も候補か

最近、以下の記事を読んでいたら整備済製品のiPad Air(第3世代)でもいいんじゃないか、と思えてきました。

どっちを買う?10.2インチiPad(2020) VS 第3世代iPad Air (整備済製品)を徹底比較 | Apple信者1億人創出計画

というのは、前述の3つの願望のうち2つがかなう。

  1. 画面の反射なく読書をしたい→反射防止コーティングがされている
  2. Apple Pencil を本体にくっつけて収納したい→これは無理ですね。Apple Pencil(第1世代)対応です。
  3. セルラーモデルにしてストレスなくネットにつなげたい→セルラーモデルを購入すればよい

サイズは250.6×174.1×6.1mm、重さはWi-Fi+セルラー464gで、iPad Air(第4世代)とほぼ一緒。

金額は、Wi-Fi + Cellularモデルの64GBの場合、 57,800円。

しかも、今、iPad(第7世代)で使っているSmart KeyboardとApple Pencil(第1世代)はそのまま使える。

ということは、Apple Pencilを本体にくっつけるのを諦めれば57,800円、くっつけたければSmart Keyboard FolioとApple Pencil(第2世代)を買い足す必要があり123,310円。その差、65,510円

整備済製品は、いつ買えるかわからないということもありますが、これは迷います。

iPad整備済製品 – Apple(日本)

3 おわりに

いろいろ書いてきましたが、結局、買うかな。いや、どうかな。

あとで後悔しても嫌だし。

買わずに後悔するより、買って後悔した方がいい

というオリジナルな格言めいた言葉が頭をよぎっています。

そして、1時間程度だけど、毎日、使うものだし。毎日使うものにはお金をかけてもいい、というマイルールがあるんです。

まだ予約日までは時間がありそうなので、一応、まだ決断はせずにしておきます。

iPadAir(第3世代)のセルラーモデルの整備済製品を見かけたら一層迷うだろうな…。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事