iPad

iPad miniとMagic Keyboard の組み合わせの弱点

いつもどちらを持ち歩くか迷います。

「iPadとSmart Keyboard」か、「iPad miniと Magic Keyboard」か。

外付けキーボードで文章を書くよりも読書の頻度の方が高いため、基本的には、iPad miniとMagic Keyboardの組み合わせを持ち歩きたいのですが、私にとっての弱点が2つあります。

1つは、文章を打ち始めるまでの準備時間です。

いざ文章を打とうと思ったとき、圧倒的に、iPadとSmart Keyboardの方が打ち始めるまでの準備が手早くできます。文章が打ち終わった後の片付けも同様です。

ただ、これは以前の以下の記事でかいたとおり、iPad miniを立てるスタンドにより、多少は改善させることができそうです。

iPad miniとMagic Keyboard の組み合わせに最適なスタンド ずっとiPad miniのスタンドをいろいろ試していましたが、ようやくベストなものを見つけました。外付けキーボードを使うときのためのス...

もう1つは、椅子に座って膝というか足(もも)の上で打てるか、です。

私は、なかなか机の上で落ち着いて文章を打つ時間がとれないため、例えば、駅のベンチで座っているときや、電車内で座れたとき、隙間時間を活用して、ササっと素早くキーボードを出して打ちたいのです。

iPadとSmart Keyboardの組み合わせは、それが難なくできます。

ただ、iPad miniとMagic Keyboardでは、難しい。

と思っていましたが、試しにやってみると、なんとかできるではありませんか。

最初は、通勤カバンを膝の上に置いて、その上で試してみたのですが、不安定で実用的ではありません。やっぱり無理だ、と思っていたのですが、直接、膝の上にiPad miniと Magic Keyboardを置けばできないことはありません

こんな感じです。

当然、机の上での打ち心地には及びませんが、慣れてくると、1時間くらいは余裕でこの体勢でMagic Keyboardを打つことができます。Magic Keyboardは縦(奥行き)の幅がそれなりにあるので、意外に安定するのです。

iPad miniが膝から前方に落ちてしまうのではないか、という不安もありましたが、杞憂でした。今まで落ちそうになったことは一度もありません。

もちろん、身長や足の長さが影響するかもしれません。

でも、もし、膝の上で外付けキーボードが使えたらなぁ、と考えたことがあるなら、無理と決めつけずに、一度、試してみる価値はあると思います。

椅子さえあれば、隙間時間を有効に使って、文章を書くことが捗りますよ。

ということで、私にとってのiPad miniと Magic Keyboardの組み合わせの最大の弱点であった2つは完全ではありませんがクリアできそうな感じです。あとは、膝の上で打つときにiPadとSmart Keyboardなみにスピーディに打ち始めれるようにしたいです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働き家庭のサラリーマンパパ。現在、小学生と中学生の子育てに奮闘中。 本ブログは、「デジタルツールを活用したライフハックと知的生産のある暮らしを追究するブログ」です。iPhone、iPad、Apple Watchなどのデバイスや、WorkFlowyEvernoteUlyssesTaskuma(たすくま)Draftsなどのアプリに関する記事が多めです。
関連記事