アプリ

「Google Maps」の検索結果を「iOSマップ」で経路案内する方法

これまで地図アプリは「GoogleMaps」を使っていましたが、「Apple Watch」を購入してからはiOSのマップを使うようになりました。

というのは、拙著『Apple Watchで何ができるか 〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』で紹介したとおり、iOSマップはApple Watchとの連動がすごく便利なのです。

とはいっても、検索の機能でいえば、「Google Maps」の方が上です。

私は、カーナビは、以下の記事で紹介したとおり、「Yahoo!カーナビ」を使っていますが、目的地を検索するときは、検索能力の高い「Google Maps」を使い、検索後に「ショートカット」で目的地のデータを「Yahoo!カーナビ」に受け渡し、そのままYahoo!カーナビで経路案内をしています。

「Yahoo!カーナビ」を使っている方必見!GoogleMapsの検索結果をYahoo! カーナビで経路案内する方法 ここ数年、車の運転時は、車内に付属するカーナビではなくiPhoneアプリ「Yahoo!カーナビ」を使っています。昨年、車を買い替えたと...
ショートカット
ショートカット
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

「Google Maps」の検索能力の高さと、「Yahoo!カーナビ」の運転時の使いやすさ、それぞれの良いところを活用した便利な方法だと思っています。

ただ、あいにく、ここで紹介した「ショートカット」は、「Google Maps」から「Yahoo!カーナビ」に検索結果を受け渡すものしかありません。このショートカットのiOSマップ版があるといいのに、と思いながら、いろいろネットで検索しても見つかりません。

そこで、仕方がないので、「Google Maps」から「Yahoo!カーナビ」に検索結果を受け渡すショートカットをもとにiOSマップ版を作ってみることにしました。

作る、と言っても、私はScriptなどのコードやプログラミングの知識がまったくありません。

なので、単純に「Yahoo!カーナビ」をiOSマップに機械的に置き換えができないかを探ってみただけです。

結果、時間はかかりましたが、少しコードを書き換えるだけでiOSマップ版を作ることができました。

前述の記事で紹介したYahoo!カーナビのショートカットが紹介されいている記事元が以下のサイトになりますが、最後の「Yahoo!カーナビ」のコードを以下のコードに書き換えればOKです。

Google Maps の検索結果から Yahoo! カーナビで経路案内できる iOS ショートカット – Qiita

http://maps.apple.com/maps?daddr={lat},{long}&dirflg=w

これで、目的地を「Google Maps」で検索した後、このショートカットを発動させれば、自動でiOSマップに切り替わり、「Google Maps」で検索した目的地の経路案内の設定がされているはずです。

ちなみに最後の「w」は徒歩での経路案内になりますので、車の場合は「d」、交通機関の場合は「r」に置き換えてください。

なお、単純に置き換えて作っただけで、たいした知識があるわけではありませんので、ご不明な点等があってもお答えできません。あらかじめご了承ください。

▶︎▶︎参考

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事