Evernote

連携アプリが多いEvernoteだからこそ各種アプリの保存先として〜「今どきのEvernoteの使いみち」Vol.19 公開したブログ記事や各種アプリの保存先〜

さまざまなノート系アプリや情報整理系アプリがある中、Evernoteを10年以上使い続けている私がEvernoteを何にどう使っているか。どういう使いみちに落ち着いたのか。本ブログでは「今どきのEvernoteの使いみち」と題して連載記事を書いています。

その使いみちの一つが「公開したブログの記事や各種アプリの保存先」です。

私は、今、本ブログを含めて2つのブログを運営していますが、それぞれ公開した記事をWebクリップしてEvernoteに保存しています。ブログを運営しているWordPressで定期的にバックアップはとっていますが、記事の内容だけはEvernoteに保存して2重でバックアップをとっています。

当初は、「IFTTT」などを使って、ブログを公開したらEvernoteに自動的に保存されるようにいろいろ試してみたのですが、全文が保存できなかったり、レイアウトが大きく崩れたりしたので、今は、面倒ですが、手動で「EverClip2」を使って保存しています。(ただ、「EverClip2」は、iOS13になってから Clipできないこともありますが•••。)

EverClip 2 - Evernoteへ簡単クリップ
EverClip 2 – Evernoteへ簡単クリップ
開発元:Ignition Soft Limited
¥960
posted withアプリーチ

また、日頃使っているアプリのデータもEvernoteに保存しています。

ツイッターでお気に入りにしたツイートと、自分のツイートは、「IFTTT」を使って、自動でEvernoteに保存するようにしています。また、自分の小遣い管理に使っている「Zaim」のデータを毎日Evernoteに自動で保存するよう設定しています。

▶︎▶︎参考   

他、Webの特定の箇所だけを保存できる「Drip」で保存したら自動でEvernoteに保存しています。

▶︎▶︎参考  

これらをEvernoteに保存しているのはバックアップ目的もありますが、それぞれのアプリで見返すより、Evernoteで見返した方が早かったりしますので、見返し目的でも保存しています。

Evernoteは連携するアプリが多いことから、今回ご紹介した内容以外にもいろいろなアプリと連携させて自動でEvernoteに保存できますので、お使いのアプリでバックアップや見返し目的で、ぜひEvernoteを活用してみてください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事