その他アプリ

メモの入口を1箇所にすればメモは必ず見つかる 〜DraftsでSpotlight検索を活かす〜

すべてのメモの入り口を1つに決めると、メモをするときどこに書けばよいか迷うことがなくなります。頭に浮かんだことを瞬時にメモしないと忘れてしまうことがありますので、この迷いなくメモできる環境は重要です。

私は、以前の以下の記事に書いたとおり、基本的にはすべてのメモの入り口を「Drafts」にしています。

すべてのメモの入り口を「Drafts」にすれば迷いがなくなる 私は、すべてのメモを「Drafts」でとっています。 iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、それぞれの端末で...

Draftsは、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchで使えるので、いつでもどこでもメモをすることも見ることもできます。

Draftsにメモしたら、そこからDraftsのアクションという機能を使ってEvernoteやWorkFlowy、Ulysses、Apple純正のメモ、Twitterなど、メモに応じた保存先や使用先に移動させます。

メモの入り口として愛用している「Drafts」のアクションの全てを公開 私は、以下の記事で紹介したとおり、iPhone、iPad、Mac、Apple Watchでとるメモは、すべて「Drafts」を使ってい...

メモの入り口が1箇所というのは、メモを探すときも楽です。本記事で1番言いたいのはここです。

すべてのメモの入り口がDraftsになっていれば、メモを探したいとき、Draftsを検索すれば必ず見つかります。しかも、DraftsはAppleのSpotlight検索の対象なので、ホーム画面で右にスワイプするだけで、すぐに検索することができます。しかも、Draftsのゴミ箱に入っているテキストも検索の対象になりますので、まさにDraftsで書いたすべてのメモが検索できるのです。

Spotlight検索とは、iPhone内のアプリを横断的に検索できる機能です。iPadやMacにも実装されています。

このSpotlight検索は、他のアプリも同時に横断的に検索できるのでかなり便利です。

では、私はすべてのメモをDrafts経由にしているかというと、たまにTaskumaなどのアプリに直接メモしているときもあるので、100%とは言えませんが、DraftsがSpotlight検索対象であることがわかってからは、がぜん、すべてのメモはDraftsを経由させることを徹底させたいと思いました。

ちなみに、もう一つ愛用しているメモアプリのEvernoteは、以前はタイトルのみSpotlight検索の対象でしたが、最近のメジャーアップデート後は、Spotlight検索の対象ではなくなったようです。

Evernote がメジャーアップデートして今後の使い方を考えさせられた 2020年9月、Evernote for iOSがメジャーアップデートしました。 Evernoteのアップデートの紹介文による...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事