その他アプリ

メモアプリ「Drafts」をあらゆるメモの入り口にするために必要なたった1つのアクション

私は、以前、以下の記事で紹介したとおり、あらゆるメモは、まずは「Drafts」でとり、その後、然るべき場所に移動させています。

すべてのメモの入り口を「Drafts」にすれば迷いがなくなる 私は、すべてのメモを「Drafts」でとっています。 iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、それぞれの端末で...
Drafts
Drafts
開発元:Agile Tortoise
無料
posted withアプリーチ

なぜなら、Draftsは、Mac、iPhone、iPad、Apple Watchで使え、Draftsからあらゆるアプリにメモのデータを簡単に渡せるからです。

また、どのアプリでメモをとろうかと迷っている間に肝心なメモする内容を忘れてしまうことがあるため、メモの入り口をDrafts1つにしているのです。

メモをとる必要があれば、とにかくDraftsで書き、書いた後にそのときに使うアプリや保存するアプリを選べばいいわけです。

Evernote、OneNote、Apple純正メモ、Simple note、Twitter、メッセージなど、さまざまなアプリにメモを渡すことが可能です。

Draftsは、データを移動させる先のアプリに応じてアクションを作ることができ、ボタン一つで実行できるので大変便利なのですが、そういったアクションを作るには慣れていないと多少の知識を要します。

そこで、本記事では、これさえあれば、あらゆるアプリにデータを渡せる、という汎用的なアクションを紹介します。

Draftsの無料プランでも作れるアクションです。

以下はiPhoneでの操作です。

まずは左にスワイプしてアクション一覧を表示させ、右下の「+」をタップします。(画像左)その後、「Visit Directory→」をタップします。(画像右)

Safariが起動してDraftsのDirectoryの画面になりますので、検索窓に「share」と入れて検索します。(画像左)検索結果の一覧から「Share」を探し、それをタップします。(画像右)

するとアクションの「Share」の画面になりますので「Install」をタップします。(画像左)そうすると、Draftsのアクションの1番下に「Share」が追加されます。(画像右)

あとは、Draftsでメモを取ったときに、このアクションの「Share」を実行させると、データを渡す先のアプリが表示されます。試しにApple純正のメモアプリを選んでみます。(画像左)

そうするとDraftsで書いた1行目がタイトル、2行目以降が本文となりメモアプリに保存できます。(画像右)

このように、このアクションさえ登録しておけばDraftsで書いたメモはあらゆるアプリにデータを渡すことができます。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事