Drafts

DraftsからDynalistへメモを保存する方法(無料プランでも可)

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

Draftsでアクションを作るには、Pro版にする必要があります。

しかし、Dynalistにメモを送るアクションは無料プランでも作れます

本記事では、その方法を紹介します。

ちなみに、Draftsは、無料プランでもMac、iPhone、iPad、Apple Watchで同期します。

Drafts

Drafts

Agile Tortoise無料posted withアプリーチ

まず、Draftsを起動します。

画面右から左方向にスワイプし右下の「+」をタップし「Visit Directoy」を選びます。(画像左)

Drafts Directoy のWebページが開きますので、検索欄にDynalistと入力し、虫メガネのアイコンをタップします。(画像右)

「Add to Dynalist inbox」をタップします。(画像左)

「Install」をタップします。(画像右)すると「Draftsで開きますか?」と聞かれるので「開く」をタップします。

Draftsのアクションとして登録されますので、登録されたアクションをタップします。するとDynalistの「token」を入力する画面になります。(画像左)

ここでいったんDraftsを閉じてブラウザでDynalistのDeveloperのページを開きtokenをコピーします。(画像右)あらかじめDynalistにログインしておく必要があります。)

先ほどのDraftsのtokenを入力する画面に戻り、入力欄にペーストし「save」をタップします。(画像左)これで完了です。

ちなみに、tokenを破棄したい場合は、Settingの中のCredentialsをタップし「Select Token Dynalist」の「Forget」をタップすると登録を解除できます。

これで、Draftsにメモを入力し、今、登録したアクションを実行すれば、Dynalistにメモが保存されます。

Draftsに入力した1行目がDynalistの項目になり、2行目以下はDynalistのnoteに保存されます。

小田やかた
小田やかた
実は、このアクションをアレンジして、2行目以下は1行目の下位項目にしたかったのですが、ちょっと知識不足でわかりませんでした。もし、ご存じな方がいたら、ぜひ、共有いただきたいです。
Dynawrite

Dynawrite

Michinari YAMAMOTO無料posted withアプリーチ

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事