その他アプリ

「Ulysses」の入力支援機能のソースブロックとコードブロックなどの違い

Ulyssesには、次の画像のとおり、便利な入力支援機能があります。(画像はiPhoneアプリのUlysses)

Ulysses
Ulysses
開発元:Ulysses GmbH & Co. KG
無料
posted withアプリーチ

Ulyssesを使い始めてちょうど1年が経ちますが、毎日のように使っているわりには今だによくわからない機能もあります。

特に入力支援機能です。

例えば、「見出し」はすぐにわかるのですが、「ソースブロック」や「コードブロック」の違いや、似たような「ソース」や「コード」とどう違うのか、よくわかりません。

また、コメントブロックについては「%%」と「++」という2種類があり違いがわかりません。

そこで、よくわからない入力支援機能を使うと実際にどうなるか試してみました。

試し方は、Ulyssesのシートに入力支援機能を使って以下のコード(HTMLのaタグ)を入力してみて、ブログへの出力とテキスト出力をすると、どう表示されるかを確認する、というものです。

<a href="https://teineini.net/20200506-kindlehighlight-evernote/">Kindleでハイライトした内容をきれいにEvernoteへ保存する簡単な方法 | いつもていねいに</a>

以下の画像のとおり、Ulyssesのシートに、ソースブロック、コードブロック、ソース、コード、コメントブロック(++)、コメントブロック(%%)、注釈、ブロック引用、の8つの入力支援機能を使って入力しました。(画像はiPhoneアプリのUlysses)

これをブログへ出力、テキスト出力するとどうなるのでしょうか。

◾️ブログへ出力

まずはブログに出力してみます。スタイルは「Day One」です。

出力の結果は次の画像のとおりです。

正直、ソースブロックとソース、コードブロックとコードの違いはよくわかりません。ぱっと見、大した違いはないように思いますが。

コメントブロックの(++)と(%%)の違いもよくわかりません。どちらも出力されないという意味で同じだと思うのですが。

◾️テキスト出力

次にテキスト(Markdown)出力です。

結果は次の画像のとおりです。

ソースブロックとソースは大して違いがないように見えます。

コードブロックとコードの違いは、前者は文頭にスペースができており、後者は文頭に「‘」が付加されています。

コメントブロックの(++)と(%%)は、どちらも表示されないので、大して違いがないように見えます。

以上、出力ごとの違いです。

この2つの出力は、ブログやKDPの原稿を書くときによく使うので、どう出力されるかはしっかり把握しておきたいと思っています。今回、出力結果はわかったものの、イマイチ違いがよくわからないままではあります。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事