TaskChuteCloud

「TaskChuteCloud」ならタスクの数が増えても不安にならない理由とは

難しい仕事ほどタスクを分解すると取りかかりやすくなる。

多くの仕事術やタスク管理の本にそう書いてあります。

確かにそのとおりだと思います。

ただ、当然、分解すればするほどタスクの数が多くなります。

タスクを箇条書きにすると、リストが長くなります。

私の場合、その日のタスク管理は「TaskChuteCloud」を使っていますが、TaskChuteCloudのタスク一覧の画面が下に長くなります。

introductions_banner

すると何が起こるか。

タスクを分解すると取りかかりやすくなる反面、タスクの数が多くなりリストが長くなることで、ひどく不安になるのです。

こんなにもタスクがあるのかと。

げんなりする、と言ってもいいかもしれません。

とにかく数に圧倒されてしまうのです。

しかし、それはタスクシュートの考え方を取り入れた「TaskChuteCloud」なら簡単に解決できます。

タスクシュートとは、大橋悦夫氏(@shigotano)が提唱しておられる考え方で、簡単に言ってしまえば、1日の仕事を一覧に並べて上から1つずつ順番に実行する、また、各タスクにかかる時間を見積もることで常に終了予定時刻を把握する、という考え方です。

それは、TaskChuteCloudはタスクごとの見積時間を入れることができ、その日のすべてのタスクが完了する時間、すなわち退社時間を見積もることができるのです。

あわせて読みたい
TaskChuteCloudの「上から順番にタスクを実行するだけ」という安心感仕事でやることがいっぱいになってくると、焦る。 特に根拠もなく、時間が足りない、という感情に支配される。 でも、優れたタスク管理ツールを...

タスクの数が多くて、リストが下に長くなって不安になったとしても、今日の退社予定時間がわかれば、タスクの数やリストの長さに関係なく安心できます。

タスクの数やリストの長さで不安になってしまう私としては、タスク管理にはタスクシュートの考え方を取り入れた「TaskChuteCloud」が手放せません。

introductions_banner

もし、TaskChuteCloudに興味を持ったら、以前の以下の記事もご参照ください。

あわせて読みたい
TaskChuteCloudの始め方 私は、2016年8月から「TaskChuteCloud」を仕事のタスク管理ツールとして使っています。 より多くの方に「...
あわせて読みたい
『はじめてでもわかる「TaskChuteCloud」の使い方』の目次本ブログで連載した『はじめてでもわかる「TaskChuteCloud」の使い方』の目次です。 1. 数あるタスク管理ツールから「Tas...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。