アプリ

フローチャートや思考の拡散が手軽にできるアプリ「ideament」

思考を深めたいとき、マインドマップを使っています。

プライベートでは「iThoughts」を使っています。iOSでもMacでも使え、マインドマップとしての基本的な機能は揃っていて、使いやすいので、重宝しています。

iThoughts (mindmap)
iThoughts (mindmap)
開発元:toketaWare
¥1,480
posted withアプリーチ

ただ、簡単な流れや工程などフローチャートで表現したいときは、「ideament」をよく使います。

というのは、機能は限られますが「ideament」は、手軽で簡単にフローチャートを作れるからです。

Ideament
Ideament
開発元:Nosleep Software
無料
posted withアプリーチ

「ideament」は、以前、以下の記事で少し紹介しましたが、iOSアプリ、Windowsアプリがあります。

マインドマップやフロー図を作成できるアプリケーションに求める内容と今気になっているアプリケーション(Ideament、Milanote、Popplet)マインドマップやフロー図を作成できるアプリケーションをかれこれ10年以上も探し続けています。 ただ、いまだに満足いくものに出会っていませ...

Macを使っている私としては、Mac版がないのは残念ですが、用途としては、ササっと簡単なフローチャートを手軽に作りたいときに使うので、iPhoneのアプリがあればで十分です。込み入ったものを作るときは「iThoughts」を使っています。

では、その「ideament」の手軽さを紹介します。

まず起動して、プラスのボタンをタップ(画像左)すると、テキストの入力画面になります。(画像右)上の欄に入力した文字は太字になります。

すると画像左のようになります。枠の大きさは画像右のとおり選択すれば変更できます。(任意の大きさには変更できません)

枠の種類も画像左のとおり変更することができます。また、色の変更も可能です。

ノード(枝)を伸ばしたい場合は、ノードを伸ばしたい元のボッスクを選択状態にして、ノードを伸ばしたい場所の余白をタップすると画像右のように作成されます。

矢印の形状はオプションから変更できます。また、矢印の有無、色なども変更可能です。(画像左)

また、例えば、画像右のようなフローを作ったとして、下の方にあるリストアイコン(画像右)をタップするとアウトラインモードで表示できます。

画像左がアウトラインモードでの表示です。このモードで上下を入れ替えたりなどの操作ができます。

できあがったものは、画像右のとおりPDFや画像などに出力できます。

以上、どれだけ手軽さが伝わったかわかりませんが、枠の大きさやフォントの大きさなどは任意に設定できませんが、逆に選択するだけでパパッと作ることができるので簡単なフローチャートを作るときは重宝します。また、思考を拡散させるときなどにもマインドマップのように使えます。

無料版もありますので、もし、少しでも気になったら試しに使ってみてください。

Ideament
Ideament
開発元:Nosleep Software
無料
posted withアプリーチ

以下、「ideament」のポイントを簡単にまとめておきます。

  • iOS版とWindows版あり。Mac版なし。
  • ノードは矢印の有無の設定が可能。ただしノードごとに矢印の有無を設定できない。
  • ノードは、曲線と直線(卍型)の設定可能。
  • 図とアウトライン(階層)の表示の切り替えができる。階層表示にWorkFlowyのデータをペーストすると、WorkFlowyのデータが図として表示できる。
  • 文字の枠の幅は変更できるが、パターンが決まっていて自由に変更できない。文字の枠、ノードの色の変更は可。(枠だけでなく全体に色がつく)
  • 枠の種類(丸、楕円、四角など)の変更可。画像の挿入可。
  • 無料版あり(有料版は複数の図を作成できる)

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事