雑記

IT知識が乏しい私でもできた「メディアマーカー」から「ブクログ」への約700件のデータ移行

先日、2019年1月にWeb上での蔵書管理サービス「メディアマーカー」がサービスを終了するとのアナウンスがありました。

私は、メディアマーカーに約730冊の本を登録してありますが、登録の都度、Evernoteへ自動で転送していたので、データ自体がなくなる心配はありません。また、メディアマーカーはCSVでデータを出力することもできますので、データ自体を失うことはありません。

ただ、今後の蔵書管理をどうするか。見やすさや、未読や読了冊数などの管理のしやすさからすると、EvernoteやCSVで管理するよりも、やはりメディアマーカーのような蔵書管理サービスを使いたいところです。

そこで、いろいろ探した結果、メディアマーカーの代替として「ブクログ」を使うことにしました。

理由は、「IFTTT」を使えば、本を登録したときに自動でEvernoteに転送できることや、iPhoneのアプリがあること。また、データを出力できること。(今回のように、万が一、サービスが終了したときのことを考えると重要です)

あとは、見やすさや、ユーザーが多い、というところが決め手でした。

読書管理ブクログ - 本棚/バーコード/読書記録

読書管理ブクログ – 本棚/バーコード/読書記録
開発元:Booklog,Inc.
無料
posted withアプリーチ
IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted withアプリーチ

さて、代替が決まったところで、できるならメディアマーカーのデータを移行させたいものです。

ブクログは、データのインポート機能があるので、メディアマーカーからデータを簡単に移行できる、と思っていました。

できるは、できるのですが、既に移行されている方のブログの記事を読むと、これが結構、IT初心者の私としては、ハードルが高そうな感じなのです。

メディアマーカーからCSVで出力して、それをそのまま、ブクログにインポートするだけ、というわけにはいかないのです。

1番のネックは、ブクログには、txtファイルでインポートをしなくてはいけないのですが、各項目をダブルクォーテーションでくくり、カンマで区切らないといけないということ。

メディアマーカーからエクスポートしたCSVデータをExcelで開き、txtにすると、ダブルクォーテーションはなくなってしまいます。

さて、ダブルクォーテーションをつけるにはどうしたらよいか。

いろいろ調べてみると、置換と手作業の合わせ技や、Rubyというスクリプト言語を活用するなどの方法があるようですが、前者は700を超えるデータにはキツイし、後者は知識が追いつかない、ということで、半ば諦めかけていました。

そんなとき、次の記事を見かけました。そこには、ブクログへのインポートは、ダブルクォーテーションで囲っていなくてもできた、と書かれているではありませんか。

メディアマーカーからブクログへ4864冊を移行。Excelを使った移行方法・注意点 | EX-IT

さらには、メディアマーカーからエクスポートしたCSVファイルをブクログに必要な項目だけを整理してくれるツールも公開されています。しかも、手順が詳しく解説されています。

こんなありがたいことはありません。

これなら私でもできそうだ、と思い全くこのとおりの手順で進めてみました。

結果、無事、約730冊を移行することができました。

数点、本ではないですが、楽天で購入したモノが、もうないからなのか、登録ができませんでしたが、それくらいは全く気になりません。

ホント、この記事に出会えてよかったです。

メディアマーカーからブクログへ移行を考えている方には、ぜひ参考にしていただきたい記事です。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。