Ulysses

「Ulysses」のショートカットバー(入力支援メニュー)が表示されない場合の対処法

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

先日、 iPadで「Ulysses」をi使っていたら、いつも右下に表示されていた入力支援のメニューアイコン(ショートカットバー)が消えていました。以下の画像の部分です。

Ulysses
Ulysses
開発元:Ulysses GmbH & Co. KG
無料
posted withアプリーチ

外付けキーボードで使っている場合でも、この「ショートカットバー」は見出しやソースブロックを使うときに結構便利で多用していたので、困りました。

設定で表示と非表示を切り替えれるのだろう、と思い設定画面を見てみると確かにありました。

設定の「表示オプション」の中に「ショートカットバーを隠す」というのがあります。外付けキーボードの場合ですが、ここで表示・非表示の切り替えができます。

ただ、「ショートカットバーを隠す」がオンになっているわけではありませんでした。

他の設定項目もいろいろ見てみても該当するものはなさそうです。

結果、これは「Ulysses」の設定ではありませんでした。

キーボード自体の設定だったのです。

設定>一般>キーボードの「入力補助」がオフになっていたのです。

これをオンにしたら無事、ショートカットバーが表示されました。

「Ulysses」で「ショートカットバー」が表示されなかったら、

「Ulysses」の設定の「表示オプション」の中の「ショートカットバーを隠す」をオフ

iPadのキーボード設定の「入力補助」をオン

この2つの設定内容を確認してみてください。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事