アプリ

「Ulysses」のショートカットバー(入力支援メニュー)が表示されない場合の対処法

先日、 iPadで「Ulysses」をi使っていたら、いつも右下に表示されていた入力支援のメニューアイコン(ショートカットバー)が消えていました。以下の画像の部分です。

Ulysses
Ulysses
開発元:Ulysses GmbH & Co. KG
無料
posted withアプリーチ

外付けキーボードで使っている場合でも、この「ショートカットバー」は見出しやソースブロックを使うときに結構便利で多用していたので、困りました。

設定で表示と非表示を切り替えれるのだろう、と思い設定画面を見てみると確かにありました。

設定の「表示オプション」の中に「ショートカットバーを隠す」というのがあります。外付けキーボードの場合ですが、ここで表示・非表示の切り替えができます。

ただ、「ショートカットバーを隠す」がオンになっているわけではありませんでした。

他の設定項目もいろいろ見てみても該当するものはなさそうです。

結果、これは「Ulysses」の設定ではありませんでした。

キーボード自体の設定だったのです。

設定>一般>キーボードの「入力補助」がオフになっていたのです。

これをオンにしたら無事、ショートカットバーが表示されました。

「Ulysses」で「ショートカットバー」が表示されなかったら、

「Ulysses」の設定の「表示オプション」の中の「ショートカットバーを隠す」をオフ

iPadのキーボード設定の「入力補助」をオン

この2つの設定内容を確認してみてください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事