Mac

久しぶりにMacを買い替える方にお伝えしたいこと

久しぶりにMacを買い替える方はお気をつけください。これだけはお忘れなく、とお伝えしたい。

先日、私は MacBook Pro を買いました。

2015年に買ったMacBook Air からの買い替えです。

Apple Storeの整備済製品をチェックしていたら、突如、2019年7月発売の「MacBook Pro」100,800円(税抜)が登場し、慌てました。というのは、MacBook Proは高くて手が出ないと思っていたのですが、2015年に買ったMacBook Airとほぼ同じ金額。

かといって、すぐに決断できる金額でもないし。

とりあえず、スペックの確認とレビュー記事に目を通してから考えようと、少し時間をおいたら、なんと、悲しいかな整備済製品のページからなくなっていました。

優柔不断な自分を嘆きつつ、次の日、あるわけないよな、という9割の悪あがきと1割の希望を持ってページを訪れたら、なんと掲載されているではありませんか。しかも、MacBook Airも。

MacBook Airもありだな。安いし。

いや、でもMacBook Pro使ってみたいな。

いや、でも。

と、また、迷いそうになっていたので、意を決して、MacBook Proを注文しました。

さて、冒頭の「久しぶりにMacを買い替える方はお気をつけください」というメッセージは、

 決して、優柔不断だと整備済製品はすぐ売り切れるよ、ということをお伝えしたいわけではありません。

お伝えしたいのはUSBポートです

私が5年前に買ったMacBook Airと、最近のMacのUSBポートは規格が違うのです。違うということは、これまでUSBて繋いでいた外付けハードディスクが繋げなくなります。iPhoneだって付属のLightningケーブルでは繋げません。

そんなことは知っている。

という方は全く問題ないのですが、私みたいに久しぶりにMacを買い替え、USBの進化に疎い方は要注意です。これまで繋げていたUSB規格のあらゆるものが繋げなくなりますよ。

5年前のMacBook Airは、USB Type-Aで、今回買い替えたMacBook Proは、USB Type-C という規格なのです。

そういえば、iPad Proが、USB Type-Cになった、とか、iPhoneがUSB Type-Cに対応するかもしれない、という話題を聞いた記憶がありますが、自分には関係ないものと思っていました。

このままでは外付けハードディスクには繋げない、それはすなわちMacBook Proが自宅に届いても旧Macから移行作業ができない、と気づきました。

ということで、MacBook Proへのデータの移行作業は、Time machineで外付けハードディスクに保存したデータを使おうと思ったので、MacBook Proの注文にあわせUSB Type-Cに変換するアダプタを買いました。

これです。

USB Type-Cに変換できるハブや、USB Type-C対応のLightningケーブルも考えました。

ただ、金額から考えてこれで十分。699円(記事作成時)で2個セット。外付けハードディスクとLightningケーブルにつけっぱなしにして使おうと思って購入しました。

結果、外付けハードディスクからの移行はこの変換アダプタで問題なくできました。

久しぶりにMacを買い替える方は、USBポートの規格の違いをお忘れなく。

変換アダプタが必要であれば、Macの買い替えと同時に注文した方がいいですよ。Macが届いても移行作業ができないほど残念なことはありませんから。

Macのストレージのシステムの容量が大きすぎるため私がとった改善策【2019年10月版】 先日、MacBook Airを「Catalina 」にアップデートをしようとしたら、ストレージが足りず、アップデートできませんでした。...
MacBookAirの蓋を閉じたのに電池が減る現象への対応【解決】2015年8月に購入した11インチの「MacBook Air」(2015年3月発売)ですが、最近、蓋を閉じているのに、いざ使おうとすると...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事