Mac

Macのストレージのシステムの容量が大きすぎるため私がとった改善策【2018年11月版】

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

基本、モバイル生活なのでiPhoneさえあれば、最低限、不便はないと思っていました。

しかし、先日、MacBookAir(11インチ)に不具合があり、大変使いづらくなると、改めてなくてはならない存在だと再認識しました。

その不具合というのは、最近、動きが重く、ストレージが不足していますというメッセージが頻繁に出るのです。確認してみると、MacBook Airのストレージ128GBのうち、システムが100GB占めていました。なぜ、こんなに、と、ちょっと驚きです。

ただ、以下の記事を見ると、こうあります。

macのストレージでシステムの容量が大きすぎる時の対処法。アップルに電話で聞いてみた。 – おとうさんは工夫した

ストレージ内の「システム」の容量が大きくなっている場合、実際には表示されている容量ではない場合があります。Macが間違ってシステム容量を認識しちゃってるわけです。

ということで、実際のシステムの容量を確認してみました。確認方法は以下の手順です。

Finder→移動→コンピュータ→Macintosh HD→システムを右クリック→情報を見る

確認してみると、10分の1の10GB程度でした。

これはおかしいので、記事で紹介されている以下の対応策を順番にやってみました。

  1. セーフモードで起動する
  2. NVRAMをリセットする
  3. OSの再インストール
  4. ディスク消去(初期化)

結局、1〜3では改善されず、泣く泣く初期化することに。

初期化については、以下の記事を参考にさせていただきました。

▶︎参考 Macを初期化する方法ーーmacOSをクリーンインストールする手順 | gori.me(ゴリミー)

初期化したら、システムは10GB程度になりました。

ひと安心。さて、データを復旧させるか、と思いきや、まさかの落とし穴が。

しかも2つも。

まず、1つ目の穴。

初期化する前にタイムマシーンにバックアップしたはずなのに、なぜか最新のバックアップデータが半年以上前の2018年2月のデータしかなかったのです。

仕方なく、このデータを使って復旧しました。タイムマシーンからの復旧は次の記事を参考にさせていただきました。

▶︎参考 旧MacのTime Machineバックアップから新Macに環境を移す方法 | gori.me(ゴリミー)

これで半年前の状態か、と少し落ち込み気味なところ、さらにもう1つの落とし穴が。それも大変大きな。

なんと、システムの容量を見たら80GBもあるのです。初期化したときは10GBだったのに、半年以上前のデータに戻したらこの結果に。

要するに半年以上前からこの不具合が起こっていた、ということです。

結局、泣く泣く、さらに泣く泣く、もう一度、初期化して、まっさらな状態にしました。

もう、ここから少しずつもとに戻していくことにしました。(ここまでたどり着くのにかなり時間を費やしました。この時間があればたくさん記事をかけたのに)

開き直って、せっかくだから、できるだけアプリを少なくして、MacBook Airをシンプルに使おうかとたくらんでいます。

中身がまっさらできれいになったのだから、ついでに、外見も磨いておきました。

さて、約3年、愛用して使い続けていろいろカスタマイズしたMacBook Airに負けないMacBook Airにするぞ!(泣)

この1年後にも同じ問題が生じましたが、そのときの解決方法は以下の記事を参照してください。

Macのストレージのシステムの容量が大きすぎるため私がとった改善策【2019年10月版】 先日、MacBook Airを「Catalina 」にアップデートをしようとしたら、ストレージが足りず、アップデートできませんでした。...

解決できました。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事